フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 未来の姿 | トップページ | 拘りの主張 »

2007年4月27日 (金)

もう一つの未来

R0011197「フィリップ・K・ディック:アンドロイドは電気羊の夢をみるか?」

いわずと知れた、「ブレラン」の原作だ。
映画の虜となって、後追いで小説を読んだ。

2つの驚きがあった。

まず、映画がこの小説の忠実な映像化ではないこと。
重要なプロットのみを使用し、映画独自の世界を創り上げていた。

そして、映画より人間の本質に切り込んだ小説は、悲しく滑稽で、これまた凄くよかったこと。

果たして、彼(ディック)が映画をみたら、どう思っただろう?

因に私のブログの題名がこの小説へのオマージュであることは気恥ずかしくて口が裂けても言えない。(言ってんじゃん)

« 未来の姿 | トップページ | 拘りの主張 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230947/6265638

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの未来:

« 未来の姿 | トップページ | 拘りの主張 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31