フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 軽初のECVT | トップページ | R2コンセプト »

2007年4月 2日 (月)

早すぎた大器

R0010636「SUBARU R2 R i-CVT」現所有車

出来の悪いコほど、可愛い。
売れてナンボの尺度でなら、悪いと言わざるを得ない。
しかし、他人がどう評価しようが、しっかりとした選択眼がある人になら、この車の価値が判るハズ。

R2発表後に他社の名立たる軽もモデルチェンジが一巡した。
全てR2よりも「後だしジャンケン」なのに、R2を超えるデザインは皆無だ。
しかも面白いようにR2のモチーフを拝借しているように感じる。
そりゃそうだ。
「あの」アルファから、『あの』アルファから、デザイナーを招聘してんだから。
私が世界で一番カッコイイと思う、「あの」アルファですから。(笑)

惜しむべくは、スバルに忍耐が足りなかった...
やれ「アクが強くて万人受けしないデザイン」とか
やれ「後方視界が悪い」とか
やれ「後部座席が狭い」とか
そんなことは百も承知でデザインしたんじゃないの?

街で見掛ける数多の無個性な「箱」を尻目に、
国産では希有な「主張するデザイン」で我がR2は疾走する。

« 軽初のECVT | トップページ | R2コンセプト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230947/6265664

この記事へのトラックバック一覧です: 早すぎた大器:

« 軽初のECVT | トップページ | R2コンセプト »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31