フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 折り返し地点のお楽しみ | トップページ | 夫婦の危機の救世主 »

2007年4月14日 (土)

日本映画の金字塔

Shitinin「黒澤明監督:七人の侍」

高校の予餞会でこの映画が上映された。
バカ高校だったので、映画が始まっても皆大騒ぎ。
「静かにしろ!」
途中何度か先生の注意が入る。

部活に入らず、ダラダラと何もせず3年間を過ごした。
浪人も決まっていた。
学校になんか何の愛着もない、冷めた高校生だった。

ウチの高校にこんな映画無理だよ...
白黒の如何にも古びたスクリーンをぼんやり眺めながら思った。

...................................................

「あぁー!!」
叫びとも悲鳴ともつかない男女入り交じった喚声で我に返った。
菊千代に運命の瞬間が訪れたあのシーンだ。
気付くと会場全体が映画に見入っていた。

完全に、完璧に、皆が見入っていた。

そしてエンドロールでの拍手喝采!
会場全体が一つになっていた。

初めて味わう気持ちだった。

なにも言う事はない。
そういう、映画だ。

« 折り返し地点のお楽しみ | トップページ | 夫婦の危機の救世主 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230947/6265652

この記事へのトラックバック一覧です: 日本映画の金字塔:

« 折り返し地点のお楽しみ | トップページ | 夫婦の危機の救世主 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31