フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 早すぎた大器 | トップページ | R2のこだわり »

2007年4月 3日 (火)

R2コンセプト

R2「SUBARU R2 R i-CVT」現所有車

発表当初にスバルの標榜したコンセプトは実に明快であった。

子育てを終えたシニア層の豊かなライフスタイルを演出する上質なKカー。

当時はまだ「軽」が「豊か」かどうか疑問もあったろう。
デカくなければ豊かではないという、全く貧困な発想が根底にあると思う。
しかし、時代は変わった。
デカい車を車庫の肥やしにするより、軽で闊達に出歩く方が、余程豊かなカーライフではないか?
昨今の軽ブームを分析して、原油高に裏打ちされた倹約的要因に帰結するのは早計だ。
名より実を取ることが豊かな人生への近道であることに皆が気付き始めた。

そこでR2だ。

実用一点張りの軽へ一石を投じるに十分な「こだわり」がそこにある。

« 早すぎた大器 | トップページ | R2のこだわり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230947/6265663

この記事へのトラックバック一覧です: R2コンセプト:

« 早すぎた大器 | トップページ | R2のこだわり »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31