フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 果てしなく些細なコダワリ | トップページ | 奄美の心 »

2007年9月25日 (火)

20世紀を生きた者として...


サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
「The Beatles/Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」

後世に残すアルバムを一枚だけ選ばなくてはならないとしたら...そんなシチュエーションがあるとは思えないが...私ならコレを選ぶ。

まずはっきりさせないといけないのは、どう転んでもビートルズのアルバムから選ぶべきということ。
こればっかりは絶対に譲れない。
これが認められないヒトは音楽観を一度再起動した方がいい。(笑)

じゃあ、ビートルズのどのアルバムがベストなのか?
諸説あるとは思うが、「アルバム」という尺度で推し量る限り、コレしかないのだ。

レットイットビーもアビーロードも名曲ぞろいだが、アルバムとしての塊感が違うのだ。

今でもコイツを聞く時はかけたが最期、ラストまで絶対に聴いてしまう。
もうアルバムで一曲なんだから...

« 果てしなく些細なコダワリ | トップページ | 奄美の心 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230947/8074710

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀を生きた者として...:

« 果てしなく些細なコダワリ | トップページ | 奄美の心 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31