フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 首都高料金体系 | トップページ | 偉大なるキープコンセプト »

2007年10月31日 (水)

カーライフの危機

富士重工業はダイハツ工業と乗用車事業で提携するらしい。
軽および小型車はダイハツからOEM供給を受け、スバルは中型車に注力する目論みとか。

本当なら非常に残念なことだ。

スバル360から綿々と続く軽自動車の火が消え行く運命なのか?
これまで一貫して「軽」と「スバル」に拘ってきた私のカーライフの一大危機だ。

プロダクトに対する信念・哲学に共鳴できるメーカーは少ない。
その数少ないメーカーが私の欲する「モノ」を造ってくれなくなる。

果たして、真珠鼠の後釜はどうなってしまうのだろう?
まだ心配するのは早過ぎるか。(笑)

« 首都高料金体系 | トップページ | 偉大なるキープコンセプト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230947/8740589

この記事へのトラックバック一覧です: カーライフの危機:

« 首都高料金体系 | トップページ | 偉大なるキープコンセプト »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31