フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« お台場でR2 | トップページ | ビュンビュンホワイト »

2007年10月13日 (土)

宮沢ビジュアル賢治

「ききみみ名作文庫:双子の星/宮沢賢治」

ききみみ名作文庫で色々な作品を聴いてみて、ある事に気付いた。

宮沢賢治の世界は突出してビジュアルだという事。

おとぎ話宜しく、星や動物が言葉を吐いているのに、全く違和感無くその世界に入っていける。

そして、作者自身の人と也が色濃く反映された結果だと思うが、作品の根幹が限りなく純真であるという事。

双子のお星様の誠実さは、世知辛い世を生きる私にも、涙が出る程愛おしく、なぜか優しい気持ちにさせてくれる。

不思議なものだ。

恐らくガキの頃や若い頃にコレを読んでも、きっとこの誠実さに共鳴出来なかったかも知れない。

いい加減オヤジになってしまった今、本当に心に沁み入るのだ。
世界中の皆が双子のお星様のような優しさを持てたなら、世の中がもっと、もっと幸せになれると思う。

相変わらず、甘っちょろい考えのぱっぱちゃんであった。(笑)

« お台場でR2 | トップページ | ビュンビュンホワイト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230947/8294692

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢ビジュアル賢治:

« お台場でR2 | トップページ | ビュンビュンホワイト »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31