フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

上の空

今日はハンドボールの再試合の日。
な、なんと生中継はなし。

そりゃそうだよね、つい最近まで誰も注目してなかったもん。
私などは俄ファンの極みのようなものだ。

でも生で見たかったなあ...
勝敗はどうあれ、ハンドボールをメジャーに押し上げる絶好の機会だったのに。
願わくば、男子だけでも勝っていれば、決定的だったのに。

そんなこんなの同じ日に、サッカー日本代表試合もあった。
勿論生中継で放送されていた。

しかし...今日程観ていて盛り上がらない試合も珍しい。
3-0の勝ち試合なのに、完全に上の空だ。
後半に速報でハンドボールの負けが分かると、盛り下がる、盛り下がる。(笑)

ともあれ皆頑張って欲しいなあ。
私もトレーニングに精を出すぞ!

2008年1月30日 (水)

エルゴソフト撤退

Macintosh最古参のソフトメーカー、エルゴソフトがパッケージソフト事業からの撤退を発表した。
奇しくも先日ことえりの話の中で登場したEGブリッジのメーカーだ。

私自身はエルゴソフトの製品を使ったことは無い。
しかし、Mac専門のソフトメーカーとして、ずっと一目置いてきたつもりだ。

「PCに一太郎あり」なら「MacにEGワードあり」と言ってもいいだろう。

どちらの環境でもMS-Wordユーザーの私が言うのも何だが、国産勢には頑張ってもらいたかった。
競争の無い市場に進歩は無い。
Windowsの純正ブラウザIEがいい例だ。
今後のワープロソフトの進化を切に望む。

そして、長きに渡ってMacのソフトを開発し続けたエルゴソフトへ感謝の意を表したい。

2008年1月29日 (火)

頑張れ東芝

次世代DVD規格の勝者が、どうやらブルーレイになりそうだ。
いつの間にかHD DVD陣営は東芝の孤立無援状態になりつつある。

結局、映像メディアの勝敗を決めるのはソースを握るハリウッドなのか?

実は、両陣営が対立したごく初期に、私はブルーレイの勝利を確信していた。
Mac寄りな東芝を応援しているので、敢えてその事には触れなかったが。

なぜ早期に勝敗が見えていたのか?
答えは簡単だ。
Apple即ちスティーブジョブスCEOがブルーレイ支持に回ったから。

史上最高のCEOは、史上最高のビジョナリーにして予言者なのだ。
残念ながら、東芝が束になってかかっても、未来を変える事はできなかったろう。

2008年1月28日 (月)

千秋楽に思ふ

横綱同士の優勝をかけた大一番!
夜のニュースでその結末を知った。

まあ、その程度の興味しか無いのに、ブログでモノ申すのも気が引けるが...

白鵬が勝って、良かった、良かった。
そう、私はアンチ朝青龍なのだ。(笑)

朝青龍の一連の騒動での私の考えはこうだ。
「やる気が無いならお辞めなさい」
別に横綱のクセにけしからんとは思わない。
だが、日本の国技たる相撲より大事な事があるなら、ソッチをとればいいのに。
そんな、片手間、二の次で横綱張られても迷惑なだけだ。

もう一度言う、白鵬が勝って良かったよ。
「勝利の女神」はちゃんと見てるんだな...きっと。

2008年1月27日 (日)

中国からの客人

「Baidu/百度」

中国最大手の検索サイトBaiduが日本に本格参入したらしい。
あちらではGoogleやYahoo!を抜きNo.1の座にあるとか。

早速試してみた。

何だ、まんまグーグルじゃん。(笑)
検索結果の配置など、全くおんなじ。

これで、躍進の原動力は「違法音楽ファイルの検索し易さ」って、一体...

検索結果は至極的確だ。
同じ単語で検索した時のヒット件数がグーグルより常に少ないのは単にキャリアの差だろう。

情報の公平性も悪くない。
試しに「天○○事件」や「南○大○○」で検索しても、変なフィルターは掛かってなさそうだ。

じゃ、そろそろ結論といこうか。

申し訳ないけど、MacユーザーがBaiduへ移行することは99.999%無い。
Safariには標準でGoogleの検索窓が組み込まれているし、
単語を選択して右クリックした時に出る「Googleで検索」は世の中で一番便利な機能の一つだと思っている。
第一、GoogleのCEOにしてAppleの社外取締役のシュミットさんが許す訳無いでしょ。(笑)

もしもBaiduがGoogleより先に、このUIで出ていれば、間違いなく私はBaidu信者だったろうけどね。

2008年1月26日 (土)

ヴィールス

Macはコンピューターウイルスに強いと言われる。
しかし油断は禁物だ。
Macといえども、ワクチンソフトで常に予防することが鉄則だ。

と、ここまでは「タテマエ」というヤツだ。(笑)

ホンネでモノ申せば、MacはWindowsの一千億倍位安全だと思う。
OSXにしてからは、ワクチンソフトなど入れたことも無い。
可成り危ないサイトへ行くこともあるけれど、ただの一度も感染なぞしたことはない。
そもそも、実害のあるOSXのウイルス自体が世の中でまだ発見されていないのだから。

一方会社のWindowsは未だに感染騒ぎがあるし、「ウイルスが居たので駆除しときました」的な英語のジャンクメールがワンさか届く。
挙句に毎日昼の12時になると会社の全PCはウイルススキャンを始める設定になってしまった。
あの電気代やHDの消耗は一体誰のせいなのだろうか?(笑)

「Macにウイルスが居ないのは、シェアが低いから標的になりにくいだけ。」

現況の説明としては、コレが正しい。
しかし、多くの人はその先の「結論」に気付いていない。

これから先もMacのシェアが大きく増えることは無い。
従って、これから先も標的にはなりにくいのだ。

結局「Macは安全」ということだ。少なくともWindowsよりはね。

2008年1月25日 (金)

冒険とは

日本人女性がスキーで2ヶ月かけて南極点へ到達した、というニュースを見た。

何故に、好き好んで極寒の地へ行くのか?
別に調査でもなく、恐らく頼まれた訳でもなく、何故に?

凡人にその意図を推し量ることは到底出来ないが、何か凄く羨ましい。

人生に於いて、物事を完遂することは難しい。
大抵の目標は達成しても、それで終わりとは限らない。
しかし、南極点到達という目標は、到達した瞬間に事実となり、達成なのだ。

う〜ん、何かうまく言えないけど、私は羨ましいのだ。

じゃあ、今から何処かを目指して冒険へ出発するかって?
遠慮しときます。(笑)

2008年1月24日 (木)

もしも電波が見えたなら

私のブログ用書斎と化したポポラマーマへ行った。
広めのテーブルへ案内されて、ご機嫌でスパゲティを食す。

そして、食後はネット三昧、ブログ三昧...の筈だったが...

あれれ?電波が安定しない。
コネクションがブツブツ切れてしまい、再接続したくても「FREESPOT」が見えたり、見えなかったり。

ダメだこりゃ。
PowerBookの位置や角度を変えて何度も試したけれども、結局使い物にならなかった。

ああ、電波の見える眼鏡でもあればなあ...
電波の強弱が色の濃さか何かで一望出来れば、座る場所を選べるのに。

あくまでフリースポットはオマケなんだし、料金払ってる訳ではないので、文句も言えないしなあ。
けれども、今日は凄く損した気分だよ。

で、家に帰って出来たブログがコレ1本...トホホ。

2008年1月23日 (水)

私のAppleロードマップ

飽きること無く、モノを長く愛せることは幸せである。

私の愛機Mac miniとPowerBook G4はますます絶好調だ。
新しいMac OSX、Leopardでも快適に動いている。

もう、新機種の導入は無いのか?
いえいえ、Appleの最先端の思想を享受するためには、「それなり」の投資も必要なのだ。
ここが車とは決定的に違うところだ。
そんな、今後のロードマップを披露しよう。

1.MacBook Airの購入
2.Mac Proの購入
3.Apple 23-inch Cinema HDをもう一台買ってツインディスプレイ化
4.iPod touchの購入
5.iPhoneの購入
6.Time Capsuleの購入

コレ、全部実行したらR2一台分以上かかるかも知れない。(笑)
勿論、決定項ではなく、願望も含まれている。
新機種を買っても現行機種を直ぐに手放す訳ではない。所謂買い増しってヤツだ。
そして最終的には私のお下がりを待っている「弟子達」へ回っていくのだ。(笑)

2008年1月22日 (火)

私のR2ロードマップ

飽きること無く、モノを長く愛せることは幸せである。

私のR2、通称「真珠鼠」は3年を過ぎ絶好調だ。
新車当時のような、溺愛の時期は終わり(笑)、カーライフの良きパートナーとして活躍してくれている。

もう拘りのカスタマイズはしないのか?
いえいえ、まだまだやりたいコトは残っている。
そんな、今後のロードマップを披露しよう。

1.タイヤをBSのプレイズに交換する。
2.バッテリーをBOSHに交換する。
3.ダンパーをビルシュタインに交換する。
4.カーナビを最新型に交換する。
5.シートを総革に張り替える。
6.インパネを本木目のウッドパネル化。
7.オーディオをチューンナップして高音質化。

コレ、全部実行したらR2一台分以上かかるかも知れない。(笑)
勿論、決定項ではなく、願望も含まれている。

本当に納得のいく、その哲学に共鳴できる、ブランドを見つけることは難しい。
だが幸いにして我々には「知の大海」インターネットがある。
欲すれば必ず「本物」に出会える筈だ。

2008年1月21日 (月)

温泉旅行

ああ、温泉にゆっくり浸かって、豪華夕食に舌鼓...なんて旅行がしてみたいな。

ついでに家から500km位離れてて、ドライブ三昧、
部屋には無線LANが来てて、ネット三昧、
近くに冬の雄大な絶景があって、写真三昧、
アスレチック施設もあって、トレーニング三昧、

こんな都合のいい旅館...ないな。(笑)

2008年1月20日 (日)

MSの軍門に降る?

「マイクロソフト:Office 2008 for Mac」

注文していたオフィスの最新版が届いた。
どっかの職人と違って予定通りだ。(笑)

私はフツーの会社員なので、圧倒的にエクセルを使う機会が多い。
2番目は勿論ワードだ。
家でも、どーしてもコイツらが必要になる事がある。
結構古くからのOffice for Macユーザーなのだ。

実は少し前にiWorkを買った。
Officeの代替として使おうと思ったのだ。
家でまで、あの趣味の悪いインターフェイスを見たくないと思ったから。

しかし...どうにも使いにくい...
Apple純正のクセに、私の環境では遅い、遅い。
エクセルのツールバーと少しでも違っただけで、戸惑う、戸惑う。

悔しいけど、いつの間にかエクセルやワードの操作性に慣れ親しんじゃってる自分がいる。
あれだけ馬鹿にしたプリントや保存の「ボタン」が違うと思考がそこで止まってしまう。

それに結構キビキビと動く、少なくともiWorkよりは。

最後の悪あがきで、インストールするのはエクセルとワードとパワポだけ。
メール&スケジュールソフトのアントラージュは絶対入れない。(笑)

ネット社会での生命線たるメーラーを他社に牛耳られるのだけは絶対イヤだから。
ホントはいいソフトなんだけどね。

まだ使い始めて間もないけど、今度のOfficeは結構いいカンジだ。
まあ、家でこのソフトを使うこと自体は余りいいカンジじゃないけど...

2008年1月19日 (土)

マイ・トレーニング・ルーム

夜の公園(Park on night)今年の目標はフライトジャケットの似合う、筋肉ムキムキになること。
体を動かす事が大キライな私が、こんな目標を立てるとは自分でも驚いている。
これもNIKE+から始まった奇跡の続きなのか...

近くの公園に、何故かダンベル?がある。
ここが私のトレーニングルームだ。(笑)
夜の公園で、街灯にぼんやりと照らされながら、ウェイトトレーニングしている。
始めたばかりで、まだ効果の程は判らない。

最近は頓に寒い。
体より先に根性の方が鍛えられそうだ。

2008年1月18日 (金)

Airキター!

Macbook_air「アップル:MacBook Air」

遂にキタ...

15日に行われたMacworld Conference & Expoの基調講演、
AppleのCEOスティーブ・ジョブス氏によって、噂は現実となった。

世界最薄のノートブック

想像を遥かに超えた薄さだ。
そして...美しい...美し過ぎる。
ああ、Appleについて来てよかった。

欲しい...ぜったい欲しい...

株価騰がってくれないかなぁ。(笑)

2008年1月17日 (木)

ヤルな、日テレ

「第79回欽ちゃんの仮装大賞」

仮装大賞が大好きだ。
毎回、もうネタが尽きただろうと少し意地悪な期待をしながら観るのだが...
どっこい、笑いあり、涙あり、期待を裏切って最後まで見入ってしまう。

人の創造性って凄いよね。
何でこんなコトを思い付くんだろう?創造性に乏しい私には理解できない。

仮装大賞フリークの私には、自分なりの評価軸がある。

「おバカなこと」
「ピンこそがエライ」
「意外性がキモ」

私は学級クラス全員参加の仮装が大嫌いだ。
大抵色手袋で花を模したり、無意味な人海戦術には辟易する。
「獲得点数は参加人数で割るべき」というのが私の持論だ。

一時期、メルヘン系が連続して優勝して、苦々しく思っていた。
初期の審査員には所ジョージがいて、凄く面白かったのに...
おバカな仮装に高得点を入れる彼の採点には全幅の信頼を寄せていた。(笑)

そして、第79回仮装大賞だ。
最近の傾向として映像技法に注力した「感動系」が台頭してきた。
ああ、コレが優勝しちゃうんだろうな...てな仮装が幾つかあった。

私のお気に入りはダントツで「時計」だった。
「体力系」で「おバカ系」で意外性も十分だ。
何よりその想像を超えたアホらしさに惚れ込んでしまった。

そして、優勝は?...

え?ええ?!「時計」だよ!
ヤルな、日テレ。

2008年1月16日 (水)

実話

タモリのHistory-Xで細川ガラシャが扱われていた。

私「細川ガラシャって、アナウンサーでいたよね?」

妻「それってもしかして、滝川クリステルの事?」

私「.....」

2008年1月15日 (火)

電池切れ?

NIKE + iPod Sensor「Apple:NIKE + iPod Sensor」

私のウォーキングも1200kmを越え、増々冴え渡っている。
ところが最近計測中に見慣れぬアイコンが現れるようになった。
小〜さな赤い靴と電池が交互に明滅するのだ。
誰が見ても電池切れのサインでしょう。

一年弱での電池切れだ。
短いようだが、私の使用状況からすれば十分に納得できる。
実はウォーキングだけでなく、仕事中もずっと履きっ放しなのだ。
恐らく計測してない時もずっとデータを発信し続けているハズだ。
それで一年保てば上出来だろう。

私のセンサーの電池切れを待っていたかの如く、Appleからセンサー単体での発売が始まった。
早速「ポチッとな」しちゃったよ。

何より感心するのは、いきなり使用不可になるのではなく、予告が事前になされることだ。
コレ、ランナー(私はウォーカーだが)の気持ちを良く分かっているよね。
折角の記録が一回でも紛失するのは絶対に許せないもん。
私のように運動が好きなのではなく、iPodに記録するのが楽しくて歩いている身なら尚更だ。

果たして次の電池切れのサインまでには何千km突破するだろうか?

2008年1月14日 (月)

ブログ用書斎

「ポポラマーマ」

最近ブログの書き貯めが出来ずに困っている。
もう完全な日記状態になってしまっている。

先日、フリースポット絡みでポポラマーマの話をした。
直後からこの店名の検索ワードで私のブログを訪れる人が急増した。

何で?何でなんだ?
しかも私のブログが可成り上位にヒットしている。

最近、ブログを書き貯めるために(笑)再びこの店を訪れた時、衝撃の事実を知った!

ココの店名は「ポポラマーマ(PoPoLaMaMa)」だったのだ。
私は今までずっと「ボボラマーマ(BoBoLaMaMa)」だと思っていたのだ。
アクセス解析を見直してみれば、確かに検索ワードは「ボボラマーマ」でリンクしていた。

いや〜お恥ずかしい。

ここで改めてお知らせします。
ほぼ全店フリースポット対応で、ゆでたて生パスタの店は「ポポラマーマ」です。

で、今回ブログの書き貯めは出来たかって?
恥ずかしくてそれどころじゃなかったよ。(笑)

2008年1月13日 (日)

ことえり

Macの日本語入力プログラムと言えば「ことえり」だ。
私はずっとことえり一筋である。

気付かぬ間に驚く程賢くなったもんだ。
それは文字変換を全く意識しなくなったことで、感じることができる。
もう殆ど誤変換などない。

はるになるとさくらのはながさきます=春になると桜の花が咲きます。

コレ、日本語ワープロの黎明期の小手調べによく使われたフレーズだ。
プリミティブな変換エンジンだとトンでもない迷変換が発生する。

春になると桜のは長崎増す。(笑)

今のことえりだと誤変換させる事の方が難しい。

私がことえり一筋なのには理由がある。
まだ漢字Talk7.Xの時代、システムを安定させる最大の秘訣は「他社のインプッドメソッドを入れない事」だと達観したのだ。

それでもATOKやEGブリッジを入れる人は多かった。
それ位ことえりはおバカさんだった時代なのだ。
しかし、システムのバージョンが0.01でも上がった時、不安定になる真犯人は決まってそれらだったことは間違いない。

実際のところは、私が文章を殆ど打たなかったのでことえりで十分だったのかもしれない。(笑)

2008年1月12日 (土)

山頂の眺望

会社でWindows、自宅でMacintosh、私は所謂両刀使いだ。
どちらも可成りスキルは高いつもりだ。

実は個人的にはMacしか極めていない。
Macの事なら考え得る全ての修羅場を経験したし、「何でも判る」自信すらある。

一方Windowsは興味も無いし、タコOSだと勝手に思っていたんで、必要に迫られてイヤイヤ使っている。

不思議なもので、物事は極めると全てが見渡せる境地があることに気付いた。
パソコンを登山に例えるなら、私はMacという一方の斜面から登っていたことになる。
しかし、頂上が近づくにつれ、雲が晴れ、360°の眺望がそこにはあったのだ。

自分でも何故こんな事まで判るのか、判らなくなるときがある。(笑)

結局、ハード&ソフトの基本構造、トラブルシューティング、情報収集力、極めれば何にでも通用するということか。
まあ、ココまでくるのに費やした時間、精力、そして代償を考えれば、遅すぎた感は否めないが。

2008年1月11日 (金)

レバーフリーク

レバーが好きだ。
レバー食いたさに焼肉屋へ行くことすらある。
焼き鳥もレバーが好き。
中華料理でもニラレバ炒めが一番好き。
パンにレバーペーストを塗りたくって食べるのも好き。

なんて安上がりに出来てるんだろう...自分。

あ、でもフォアグラも大好き。(笑)

2008年1月10日 (木)

未来はココに

F904i「NTTドコモ/F904i」

最近携帯を換えた。
前の機種がヘタってきたんだけど、機種変の方が安かったから。

ワンセグ、GPSナビ、お財布ケータイ対応だって。

既にお財布ケータイは便利に使っていたけど、残りの機能は使う気はなかった。
オマケ程度の機能かと思っていたら、しかし、これが凄く便利なんだ。

テレビの映りが凄く綺麗で驚く。
小さいことを除けば十分に実用に耐えるクオリティーだ。

ナビに至っては、もう呆れるばかりだ。
私の車についている本格的なナビとほぼ遜色なし。
複数の衛星を受信し、精度も十分、音声ナビまでしやがる。
同じく画面が小さいことを除けば、これで十分かもしれない。
あ、コッチはパケット料金もかかるんだった。

そして、これらの機能が、小さな携帯の中に納まっているという事実。
もう既にSFの世界の話だよね。

未来はココにあり...人類の英知は、この先何をもたらすのだろうか?

2008年1月 9日 (水)

職人の助っ人登場

「葉書AB」

宛名職人が当てにならないという洒落にならない状況だった。
日本の古き良き習慣、年賀状をどうしてくれようか、と悩んでいた。

今更手書きで宛名書きをする気力も無い。
ああ、シンプルな宛名レイアウトソフトは無いものか...しかもタダで...

...あった。

アドレスブックからドラック&ドロップで印刷できるシンプル且つ奇麗なインターフェイス。
はっきり言って、コレで十分、いや、コレがベストかも。
おかげさまで急場をしのぐ事ができた。

この場を借りて作者の方に御礼申し上げたい。

2008年1月 8日 (火)

マイ・ジョブズ・グッズ

Photo「ミズノブレスサーモタートルセーター」

私の「スティーブジョブスなりきりグッズ」に新たなウェアが加わった。
トレードマークの黒のハイネック宜しく黒のタートルネックセーターだ。

しかもただのセーターじゃないのだ。

人体からの水分を吸収し発熱する「ブレスサーモ」素材が織り込まれている。
俄に信じ難いが、コレが凄い代物だった。
店には販促プロモーションとしてブレスサーモの原糸が置いてあり、霧吹きで水を吹いて握らせてくれる。
コレがカイロのように熱くなるのだ。
こういうパフォーマンスを見せられちゃうと、着ていても矢鱈に温かく感じてしまうから不思議だ。(笑)

リーバイス501に黒のタートルネック、そしてA-2フライトジャケット
もう、どこへ行くにもこのカッコだ。

後はコイツが似合う恰幅が欲しい...トレーニングは開始したばかりだ。

2008年1月 7日 (月)

ブレラン三昧


【初回限定生産】『ブレードランナー』製作25周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション(5枚組み)
『ブレードランナー ファイナル・カット』(2007)

短かった正月休みの合間に、やっとコイツを観る事が出来た。
25周年を記念して新たに編集されたバージョンだ。

ストーリー的には全く一緒と言っていい。
そりゃあ今更大どんでん返しのオチを付けられても困ってしまうだろうし。(笑)

マニアでも言われなきゃ判らないような些細なシーンを取り直しや合成で改善したらしい。
やっぱり、リドリースコット監督は「完璧な」完璧主義なのだと思うな。

このDVDセットを買って心底良かったと思う。
この一枚のためだけでも、高い金を出す価値がある...少なくともブレランファンには。

「画が凄〜〜〜くキレイ!!」

コレはもう涙モノのキレイさだ。
大袈裟に言えば全編フルデジタルのピクサーのアニメを観てるみたい...あ、これは言い過ぎか...

う〜ん、正月は寝るかコレを観るかの、正にブレラン三昧だった。
今年一年分の精気を養った気がするよ。

2008年1月 6日 (日)

SUBARUデザイン概論

センスの欠片も無いクセに、車のデザインだけには可成りウルサい。
学問として学んだ事も無いクセに、「カッコよさ」を定量的、定性的に捉えられないかと常々思っている。

「デザインなんて、個々人の好みの問題、人それぞれ感じ方が違う」なんて訳知り顔で言う人がいるが然に非ず。
フェラーリは誰が見てもカッコいいし、コンフォート(タクシー)なんてカッコいいとは到底思えないではないか。

私は普遍的な「カッコよさ」は存在すると信じている。

そんな私が、敬愛するSUBARUの現行車のデザインをどう思っているかを話してみたい。
まず、何を差し置いても言っておきたいコトがある。

現行レガシィはカッコいい!!

失礼ながら、SUBARUにこんな素晴らしいデザインが出来たことは驚嘆に値する。(笑)
そして、この奇跡のデザイン力がフェイクではない事を証明するが如く次なる刺客が現れた。

新型インプレッサもカッコいい!!

多分ハッチバック車としては世界を見渡しても可成りイケてると思う。
折角のいい流れは、残念ながら次の一手で木っ端みじんに粉砕されることとなる。

新型フォレスターは前はイイけど、後ろがカッコ悪い!!

コレ、歴代フォレスターのジレンマだよね。
そして、実は我がR-2もMCしちゃったけど、現行車なのだ。

R-2は「カッコよさ」は持ち合わせていないけど、個性がイケてる!!
やっぱりMC前の初期デザインが絶対イイ!!

結局一番言いたかったのはコレかな。(笑)

2008年1月 5日 (土)

今年の目標

【送料無料】Gbsport THE CLINTON A-2 USA製 【MINK OILプレゼント】[ミリタリー フライトジャケット A2]先日フライトジャケットを買った事はご報告した。
そりゃもう、清水の舞台から飛び降りる思いだったが、高いだけあって、革の質感、縫製、共に大変満足している。

今回は大きめのサイズを買ったので、見た目が貧相には見えない...ハズなのだが...

今の時期は厚手のセーターを着るので、イイ感じだと自分では思っている。
(密かにかな〜りイケてるんじゃないかと悦に入っているのだ。)

しかし、このA-2というフライトジャケットは実は夏服だったりする。
ご存じない方のために説明すると、上空は夏でも気温が低いのでコレくらいの上着が必要なのだ。
冬用のフライトジャケットはB型として別にもっと厚手のタイプがあるのだ。

従って、A-2の旬は「春から初夏」というのがツウの定説だ。
そう、Tシャツの上に羽織るのが本当らしい。

ま、まずい...

ヒョロヒョロ細い私がそんなことをしたらどうなるのか?
正に案山子が革ジャン着ている様なもんだ。

そこで急遽今年の目標を設定する事と相成った。

「夏までにフライトジャケットの似合う体型になること。」
言い換えれば...
「夏までに筋肉ムキムキになること。」

できるのか?ホントにできるのか、ぱっぱちゃん!!

2008年1月 4日 (金)

仕事始め

今日は仕事始めだ。

本当に短い正月休みだった。
まあ、今日一日行けばまた土日は休みだけどね。

暴飲暴食もせず、夜更かしもせず、健康的に過ごした。
そうでもしないと疲れがとれないもんね。

ぼちぼち頑張ろう、うんうん。

2008年1月 3日 (木)

紅白歌合戦

大晦日はNHKの紅白歌合戦を観た。

果たして何十年ぶりなんだろう?
確かコント55号が「紅白をぶっ飛ばせ」なんて言ってる頃から紅白歌合戦は観なくなった。

何故か大勢に流されるのが大キライで、どっぷり大衆迎合な紅白を忌み嫌っていたのだ。

久しぶりに観る紅白は...結構面白かった。
別に心境に変化があった訳じゃない。
他に敢えて観たい番組もなかったしね。

何より歳を食ったなあ...どんどん丸くなる自分...まあ、いいか(笑)。

2008年1月 2日 (水)

私の創意を紡ぐ椅子

Ny「新居猛:ニーチェアー&オットマン」

ずっと昔のことだ。
多分小学生の頃だったと思う。

日曜版の新聞広告...忘れもしないCBSソニーファミリークラブの広告だ。

四半面を費やして、単品この椅子だけを紹介していた。

「ニューヨーク近代美術館永久展示品」
「人間工学に基づき幅、高さ、傾斜角度、曲線まで考慮して設計」

子供心にいつかその椅子に座ってみたいと思ったものだ。

時は過ぎ、今私はニーチェアーに座ってこのブログを打っている。
脚にPowerBookを載せて、部屋にはBOSEの調べ、極楽の一時だ。

ピンと張った布に支えられる吸い付くような座り心地...ああ、少年の日の自分にも座らせてあげたい...

本物だけがもつ真理は、時を越えて人の心に響くものだから。

2008年1月 1日 (火)

新年を迎えて

新春を穏やかに、健康に迎える事が出来た事は誠に以て悦ばしいことだ。
今年一年がよい年である事を切に願う。

さて、3月に始めたこのブログも途切れる事無く年を越す事が出来た。
別に毎日アップする事がエライ訳ではないことは分かっている。
でも継続は力なり、何か自分の足しになっていると信じたい。

文章を書く事、体を動かす事、忍耐強く続ける事、皆自分の柄ではない。

これからも本物の持つチカラに押されて、ほんの少しよい方に変われたらいいな...

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31