フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

ぱっぱ が ぽっぽ

R0014969「カラオケJoySound/うたスキ」

久しぶりにカラオケへ行った。
お目当ては鼠先輩の「六本木~GIROPP0N~」だ。(笑)
iTunes Storeで楽曲も買ったし、歌わない訳にはいかないでしょう。

コレ、結構歌っててキモチイイ。
何度も転調して、どんどん高くなって行くけど、何とか地声でカバー出来る。

R0014955調子に乗って「ぽっぽ、ぽぽぽぽ」歌っていたら、モノの見事に声が枯れてしまった。
途中から完全にもんたよしのり状態。(笑)

いつもの事ながら、熱唱している割に点数が低い。
88.072点、369人中59位。
一位の人の95.050点って、どんだけ「ぽっぽ、ぽぽぽぽ」歌ってんだか。(笑)

2008年6月29日 (日)

一時代の終わり

米マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツ会長が今月末で非常勤となり経営の一線から完全に退くらしい。

Mac派の私にとっては、Apple最大の危機を救ってくれた功績にだけ、感謝の意を送りたい。

その他は嫌みしか思い付かない。(笑)
全世界の会社のパソコンを、趣味の悪い出来損ないOSに統一してくれてありがとう。
独占的立場を利用して、優良なソフトウェアとそのメーカーを駆逐してくれてありがとう。
JAVAの普及をあらゆる姑息な手段で邪魔してくれてありがとう。

それでも貴方がIT界の巨星であったことに異論は無い。
今後は慈善活動に勤しまれるとのことで、頑張って頂きたいと思う。

2008年6月28日 (土)

キリンの群れ

キリンの群れ(Crowd of giraffe)あ、コレ撮りたい!
久々に写真欲が沸き上がった時、GRは手元に無かった。
やむなく携帯で撮ったのがこの一枚だ。

2008年6月27日 (金)

株主総会雑感

「富士重工業株式会社定時株主総会」

スバル経営陣が並ぶステージの両翼には大きなスクリーンが張られ、プロジェクターが投影されている。
総会が始まるまでの間、そこにはスバル車のCMが流されていた。

古くはSUBARU360の古めかしいCMから、やがて現役各車の見慣れたCMが続いた。

10時の開会直前になって、観たことも無いCMが流れ始めた。
それはSUBARUの海外CMだった。

日本では発売されていないトライベッカのハリウッド張りのCM。
同じく国内未発売のレガシィのボクサーディーゼルのCM2種。
坂上の馬車からこぼれ落ちるオレンジを巧みに避けながら追い抜くレガシィのCM。
SUBARUの技術的アドバンテージを延々とナレーションするレガシィのCM。
インプレッサの美しさを鮮烈に印象付けるCM2種。

ハッキリ言おう...凄っげ〜カッコいい...コレ国内でも流せばいいのに。

せめてDVDに焼いて株主総会のお土産にしてくれないかな〜(笑)

2008年6月26日 (木)

ぱっぱちゃんは六連星(むつらぼし)の夢を見るか

株主総会のお土産2008(Gift to shareholder)「富士重工業株式会社定時株主総会」

会社を休んで株主総会へ出た。

都庁前の改札口を出た時から、
角々に立つ会場への案内のボードを持った関係者を目で辿るごとに、
緊張が高まっていった。

今年はスバル360発売から50周年の節目の年。
そして軽自動車の開発・生産からの撤退を発表して最初の株主総会である。

質疑応答...案の定、軽自動車の話題に集中する。

森社長自らの言葉で、経緯説明を聴くに及び、スバルオリジナルの軽自動車はもう出ないと悟った。
ダイハツからのOEMで軽自動車事業は存続はしても、開発・生産からは「完全撤退」となる。

判ってはいたものの、脱力感、空虚感は拭えない。

告白するが...先日スバルの株を一口残して全て手仕舞ってしまった。
今期の株主総会に臨み、最終的な決断をするつもりだった。

再び買い戻すのか、完全に手仕舞うか...今はまだ決めかねている。

頂いたクッキーでも頬張って、傷心ティータイムを決め込もうか?(笑)

2008年6月25日 (水)

鼠先輩お買い上げ

「鼠先輩/六本木~GIROPP0N~」

話題のムード歌謡「ギロッポン」を買ってしまった。
そう、あのiTunes Storeでも発売されたのだ。

イロものだけにレビューも賛否両論、喧々諤々だ。(笑)

「こんなおふざけに¥200も出せるか!」
「テレビの出演を観て嫌いになった」
「ぽっぽぽぽぽぽが耳について離れない」

人それぞれ、感じ方もイロイロあって当然だ。
私はと言えば、いかにも「解ってやらされてる」冷めた目線にハマった。

恐らく、私のBOSEから再生されることを許された最初で最後の演歌だと思う。(笑)

2008年6月24日 (火)

ツーユー

グズついた天気が続いている。
カメハメ派の私は、たとえ霧雨だろうとウォーキングは中止だ。
従って最近トンと距離が伸びない。

梅雨が明けたら、一発逆転の長距離ウォーキングを敢行してやろうかな。

2008年6月23日 (月)

海美三昧

「海美(Amami)/おぼくり〜ええうみ」

最近は暇さえあればコレを聞いている。
しかもCDからBOSEダイレクトで。

ピアノの美しい調べを支える響板の力強さまでもが感じられ心地よい。
ああ、やっぱりBOSEで良かった。

そして極めつけはBOSEのノイズキャンセリングヘッドフォンQuietComfortで聴く「静寂の海美」だ。

まるで満天の星空が、真紺の海が目の前に広がるかの様な錯覚に陥る、とは言い過ぎだろうか。

往ってみたいなあ...何時かね、何時かきっと。

2008年6月22日 (日)

アロハ〜

KUA`AINAのハンバーガー

ハワイで人気のハンバーガーショップらしい。
セットにすると千円越えのハンバーガーを迷わず夫婦で一つずつ頼んだ。

価格もビックだが、量もビックだった。
コレ、二人で1つで十分だと思う。
それにサイドメニューでサラダやスナックシュリンプを頼んだ方が幸せだったと思う。

巨大なハンバーグを大口開けて食するのは大変だ。
横から具が出て、キレイに食べるのは至難の業だ。

味は旨いと思う。
カフェオレも美味しい。
フライドポテトは妙な旨味があり、サッポロポテトバーベキューテイスト。

わざわざ食べに行く程美味いかどうかはビミョーなところだ。
話の種に一度はいいんじゃない?
こうしてブログも一本書けたことだし。(笑)

2008年6月21日 (土)

流行り廃り

先日スーツを買いに行った。
ファッションに無頓着なぱっぱちゃんであるが、スーツには変な固定観念がある。

生地が無地で地味であること。
2ボタンであること。
センターベントであること。
ズボンは2タックであること。

そんなの普通だと思ったアナタは旧い。(笑)
スーツ、特に吊しのスーツは毎年ビミョーに違う。
誰が決めるのか、流行り廃りがあるのだ。

今はサイドベントで細身なシルエットが流行りだとか...
少し前は猫も杓子も3ボタンだったこともある。

実は流行に左右されず、拘りを貫くのは金がかかる。
所謂オーダーメイドってヤツだ。
私も何度かチャレンジしたのだが、何故かカッコ悪い。
自分の体型に合わせるのだから、自分が不格好であるのを認めるのはツラい。(笑)

結局吊るしを渋々買うことにした。
袖を通すたびに、なんだかんだ文句を言う私に、業を煮やした妻がいつもの台詞を吐く。

「大丈夫、変じゃないから...」

20年以上スーツを着てて、未だに似合わないなんて...
日々の筋トレに増々力の入るぱっぱちゃんに明日はあるのか?(笑)

2008年6月20日 (金)

健康診断に思ふ

先日会社の定期検診があった。

私は何の取り柄もない人間だが、一つだけ自慢出来ることが有る。それは...

バリウムの飲みっぷりがイイといつも褒められるのだ。(笑)

今でこそバリウムの量も減り、コップ半分程になったし、味も美味しくなった。
しかし昔は相当量飲まされたので、飲み干すのに皆苦労していた。

私はといえば、涼しい顔で一気飲みだ。(笑)
多分食事のとき水を一切飲まないヘビ人間だからだと思う。
辛いカレーだろうが、何だろうが、噛むのもそこそこに「鵜呑み」だ。

そして毎年のことなのだが、バリウムがなかなか出ない。(笑)

ああ、健康第一、がんばれ、ぱっぱちゃん。

2008年6月19日 (木)

プラレール

R0014823先日泊まった東京ベイ幕張の50Fからの展望だ。

もうプラレールの世界だね。

建物も車も橋も皆おもちゃみたい。

こんな高い所にずっと住むのはイヤだけど、たまに覗くのはいいカモ。

人類の英知ここに極まれり。

鳥の目を得る建造物にしばし見とれるぱっぱちゃんであった。

2008年6月18日 (水)

アジアンヌードル

R0014919夫婦でアジア料理の店に入った。
私は牛肉のフォー、妻は鶏肉のフォーだ。
日本の蕎麦には無いミョーな旨味があるよね。
トドメにパクチーが添えられてると完璧だ。

コレ、子供の頃なら絶対食べられない味だと思う。
なのに今はとても美味しい。

味覚って面白いね。

2008年6月17日 (火)

日本の風景

通勤電車の中でヘッドフォンをつけている人は多い。

そして十中八九それは白い。

Apple製品が街に溢れている光景がすっかり当たり前になった。

Apple=Macintoshの既成概念しかなかった私には青天の霹靂だ。

流石です、スティーブ閣下。

そして今、満を持してiPhoneが日本でも発売される。

果たして、日本の風景は変わるのか?

2008年6月16日 (月)

我が家のカリーロード

R0014876「カレーレストラン:シバ」

辛いけど旨い。
旨いけど辛い。

我が家の数少ないリピートポイントの一つだ。
今回はいつものラムカレーセットじゃなくて、サービスターリ・セットを頼んでみた。

好きな味を組み合わせてチョイス出来るサービスメニューらしい。
私は「カラシマーク」多めのヤツを選び、妻は少なめのヤツを選んだ。

やっぱ旨いなあ...

ガソリン代も騰がり、駐車代もかかるけど、たまにど〜しても行きたくなるね。

2008年6月15日 (日)

尾道の風は吹いたか?

R0014936広島風お好み焼きの店に入った。

「風」じゃなくて、本場のソレを食べてみたいなあ...

いつかまた真珠鼠を駆って、ドライブいこっと。

2008年6月14日 (土)

鼠繋がり?

「鼠先輩/六本木~GIROPP0N~」

いやはや世の中何が当たるか判らない。
下積み15年の末、35歳の遅咲きが歌うのは、何故か耳に残る演歌だった。

同じ日にAMとFMで紹介されているのを2度も聞いた。
どこかとぼけた語り口と少し冷めた視点に興味をそそられた。

本来私は演歌が大嫌いなのだが...そのおバカさ加減に結構ハマった。
いくら何でも「ぽっぽ、ぽぽぽぽ」は違反でしょう。(笑)

間違いなく一発屋だろう、とは思う。
でもカラオケで歌ってみたいなあ。

2008年6月13日 (金)

バレンシアの風は吹いたか?

Photo「キリンビバレッジ 世界のキッチンから:マセドニアグレープ」

キリンさんも粘り強いなあ...(笑)

フルーツを赤ワインで煮込んでグレープジュースに加えたんだって。
飲んだカンジも正にグレープが幅を利かせたフルーツジュースだった。
いや、少しトロミがあってフルーツネクターかな。
確かに美味しいけど、言う程にはスペシャルじゃない、というのが感想だ。

毎度思うんだけど、高尚なコンセプトが空回りしてない?

でも結局毎回つき合っている私はキリンさんの思うつぼなのかな?(笑)

2008年6月12日 (木)

とある季節

今年も株主総会の季節がやって来た。
私の応援する企業から、続々とお誘いが届いている。

殆どの企業が同じ日取りのため、ハシゴは難しい。
去年は妻にも手伝ってもらって、数社の総会に参加した。
小難しいコトは知らないが、お土産が楽しみだからだ。(笑)

今年はスバルこと富士重工業株式会社ただ一社に参加予定だ。
軽自動車開発から撤退する同社の真意を確かめたい。

決して同社が50周年の節目で、お土産がいつもよりイイかも...何て期待していない。(笑)

2008年6月11日 (水)

iPhone発売日決定!

ソフトバンクの発表に続き、Appleが日本国内でのiPhoneの発売日を発表した。

思っていたよりもずっとずっと早く手に入りそうだ。

個人で携帯を持たない私の場合、ソフトバンクとの新規契約からスタートだ。
携帯が必要だから契約するんじゃない、iPhoneが欲しいから契約する。

使い道は買ってから考える。
私にとって、兎に角イジリ回したい久々のガジェットだ。

2008年6月10日 (火)

秋葉原の事件に思ふ

また凄惨な事件が起きてしまった。

自分自身がどうでもよくなってしまうのは知ったことではない。
しかし、なぜ他人を巻き込むのか?
しかも、拳銃で威嚇されると急におとなしくなるって、自分は死にたくなかったのか?

もう、メチャクチャだ。

犠牲者の方の無念は一体どうなってしまうのか?

ホコ天なんて怖くて歩けないね。

2008年6月 9日 (月)

モアスピード!

日本水連が北京五輪での国内契約3社以外の水着の使用を認めた。
所謂スピード社製水着の解禁だ。
国内3社の同意を取り付けたらしい。

そりゃあ、この状況じゃ同意せざるを得ないでしょう。(笑)
会社人として言わせてもらえば、「御愁傷様」としか言いようが無い。

恐らく国内3社は日本水泳界のために、有形無形の協賛・協力をしてきたに違いない。
それはスポーツ振興等のキレイ事だけでなく、自社の利益に繋がる大人の事情も在って然るべきである。

それなのに、今まで何の功績もないポッと出に漁父の利を穫られては堪ったものではない。

北島選手の一連のパフォーマンスには疑問を持たずにいられなかった。

大人の事情を知ってるクセに、主役はキミらだって?
だったら、今後国内3社の協賛する試合には「自費」で出場するべきだ。
世界で一番速く泳げる肉体を持っていたからって、それを証明する試合が無ければ意味は無いのだ。

一方で4年に一度しか巡ってこないオリンピックに向けて、選手たちの血の滲む努力があることも知っている。
不利になるかも知れない非スピード社製を選手に押し付けてもいいのだろうか。

ここで、やっと本題だ。
結局、私は何に腹が立っているのか?(笑)

公の記録会でスピード社の圧倒的性能差を見せ付け、世論を味方につけ、国内3社を屈服させた「恩知らず」が気に食わないのだ。
同じ結果でも、もっと国内3社に華を持たせた演出も出来た筈だ。

最近、筋トレだけでは飽き足らず、水泳も始めようかと思い始めたぱっぱちゃんは思ふのであった。

2008年6月 8日 (日)

天晴ブラザー3

Update何気にOSXのソフトウェア・アップデートをしてみたら、ブラザーの新しいプリンタドライバが準備されていた。

ブラザーさん凄過ぎ。

御社のプリンタドライバはApple純正と同格ですか?(笑)
まさかソフトウェア・アップデート経由でサードパーティーのドライバが提供されるとは驚いた。

恐るべしブラザー工業株式会社。

2008年6月 7日 (土)

iPhoneの足音

『この度、ソフトバンクモバイル株式会社は、今年中に日本国内において「iPhone」を発売することにつきまして、アップル社と契約を締結したことを発表いたします。』

遂に来たか...

iPhoneの日本でのパートナーはソフトバンクだった。
大方の下馬評を覆しての快挙と言っていいだろう。

恐らくAppleの提示する条件は日本のキャリアには受け入れ難いモノに違いない。
損得で判断すれば敢えて獲得するメリットがあるとは思えない。

明暗の分かれ目は「心意気」だったのではないだろうか。
Appleというブランドに損得以上の「ロマン」を見出せるかどうか...孫さんにはソレがあった。

果たして、ソフトバンクは日本での独占権まで獲得出来たのかが気になる。

かくして、私の投資先企業としてソフトバンクが急浮上したことは言うまでもない。

2008年6月 6日 (金)

チョコファウンテン

Chocoチョコレートの噴水にバナナやマシュマロを浸けて食べる。
甘党の夢のようなシロモノが「チョコファウンテン」だ。

ディナーブッフェのデザートコーナーでコイツに出会った。
パイナップルとバナナをたっぷりチョコに浸けて思い存分食らった。

あ〜幸せ。

2008年6月 5日 (木)

地震が来たらさようなら

R0014858高層ホテルに泊まって思った。

今地震が来たらどうなるんだろ?

一瞬不安になったけど、デザートやフルーツを頬張ったら「まあいいや」と相成った。(笑)

ノー天気なぱっぱちゃんであった。

2008年6月 4日 (水)

真珠鼠を探せ

R2ホテル東京ベイ幕張に泊まった。
29階の部屋に入って最初にしたこと。

真珠鼠探し。(笑)

居た居た、無事発見。
米粒みたいに小さくても我が真珠鼠はホントいいデザインだ。

明日まで待っててね〜♥R0014871

翌日R2のプリち〜なお尻越しにホテルをパチリ。

昨日部屋から手を振ったのは見えていたのかな?

2008年6月 3日 (火)

幕張ぶらり旅

R0014858「ホテル東京ベイ幕張」

千葉県の幕張へ一泊旅行に出掛けた。
別に幕張メッセのイベントを見に来た訳でも、千葉マリンスタジアムへ野球観戦に来た訳でもない。

気晴らしに何処かへ行きたくなっただけだ。
近過ぎず遠過ぎず、週末をダラリと過ごす事にした。

ジャパンネットバンクの優待で矢鱈に安く泊まれるプランを見つけたのがキッカケだ。
ホテル東京ベイ幕張って、前は幕張プリンスだったホテルだ。
部屋の間取りこそ貧乏臭いビジネスになってしまったが、建物も設備も幕プリそのものだった。

Night scene from hotel何の目的も無くホテルを予約した。
何の気負いも無くR2で向かった。
する事が無いので、館内のネットカフェで寛いだ。
ディナーはブッフェで赤白ワインも飲み放題。
翌朝は温泉浴場でゆったり気分。
チェックアウト時間ギリギリまで部屋で寛いだ。
日頃の疲れが少し癒されてR2で帰路についた。

中身の全く無いぶらり旅だった。
ブログネタすら収穫の無い旅だった。(笑)
たまにはいいんじゃないかな。

2008年6月 2日 (月)

ネットカフェにて

R0014819アプレシオ東京ベイ幕張店

なぜ折角旅行にまで来てネットカフェなのか?
それは、そこにネットがあるから...

ホテル東京ベイ幕張の48階にあるネットカフェは、最高の見晴らしと居心地のいい空間を提供していた。

R0014815家でも四六時中しかも光ファイバでネット三昧しているので、速度面での有難味はもう無い。
寧ろ使いにくいWindowsの画面は見たくないし、IEでブラウズなんてゴメンだ。

結局2台も鎮座したPCは無視して、自前のPowerBookでブログを書き始めた。
イーサのコードを引き出すのも面倒なので、FreeSpotで無線LANだ。
折角なので、ネットカフェ専用のシネマチャンネルで懐かしいアニメをBGVにして...

妻は漫画「のだめカンタービレ」にご執心のようだ。
傍から見れば勿体ない使い方かも知れないが、利用後の二人の感想は一致していた。

R0014817モノ凄く居心地がいい。

利用時間分の駐車場代はタダだし、フード類も美味しそうなので、今度はネットカフェを目的に幕張ドライブなんていいかもね。

2008年6月 1日 (日)

ジャパニメーションの至宝

「宇宙戦艦ヤマト」

うを〜!
今猛烈に感動している。

ネットカフェで何故かTV版宇宙戦艦ヤマトを観た。

何年振り、いや何十年振りだろう?
TV版も映画版も全部観た筈なのに、感動を通り越して驚愕の嵐だ。

凄い、凄過ぎる。

その後に現れた名作アニメを、黒澤を始めとする傑作邦画を、ハリウッドの名立たる名画を、観た上での感想である。

脚本、音楽、そして疑似科学考証をも含めて、全く旧さを感じさせないデキだ。
今更ながら松本零士は天才だと言わざるを得ない。
このプロットはある意味、史上最強と言っても過言ではない。
そしてXファイル張りの伏線バリバリのストーリー展開はとても子供向けのアニメとは思えない。

コレをリアルタイムで観た人は翌週の次話までどうやって我慢したのか心配になってしまう。

私は多くの人がそうであったように、裏番組を観ていた。
そう、彼の「カルピス劇場アルプスの少女ハイジ」だ。
アニメという土俵で戦う限り、余りにも分の悪い相手だったと言える。

それでもこの作品の素晴らしさを信じて作品を送り出した関係者には限りない敬意を抱かずにはいられない。

日本には宇宙戦艦ヤマトがある。

今自信を持ってそう断言しよう。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31