フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月31日 (金)

iPhone九死に一生を得る

高級財布の様な我がiPhoneはすっかり生活の一部となり大活躍している。
幸い大きな事故もなく、無傷のままだ。

ある晩いつものようにバスでPASMOのタッチ&ゴーを厳かに決めようとした時だった。
手が滑ってiPhoneを投げてしまった!

一瞬時間が止まって、iPhoneがゆっくりと床へと舞うのが見えた。
途中私の耳に掛かるヘッドフォンを引っ張った。
それはまるでiPhoneが私に助けを求めてすがるように感じた。

しかし私はiPhoneを救えなかった...

iPhoneは無惨に床に叩きつけられた。
最悪の事態を覚悟してiPhoneを拾い上げる私。

高級財布が不敵な笑みを浮べたように感じた。
「俺様を誰だと思っているんだい?」

フリップを閉めた状態の高級財布はiPhoneをしっかりとプロテクトしていた。
バスの床面がゴム張りだったことも幸いして、擦りキズ一つ付くことなく済んだ。

ああ、ケースに入れてて本当に良かった。
もう絶対に絶対に落とさないと心に誓うぱっぱちゃんであった。

2008年10月30日 (木)

寒いねえ

急に寒くなって来た。
もう10月も終わりだもんね。
風邪ひかないよう気をつけよっと。

2008年10月29日 (水)

Qちゃん引退

マラソンの高橋尚子選手が引退を表明した。

マラソンって、自分から一番遠いスポーツだと思う。

時間が押して、近くのバス停まで駆け足しただけで、ど〜んより後悔してしまうぱっぱちゃんである。(笑)

何で好き好んで走る事を生業と出来るのか、ソコから既に尊敬してしまう。

そしてQちゃんである。
実力もさることながら、何か応援したくなる一生懸命さがいいよね。
本当にお疲れさまでした。

これでタダでさえ興味の無いマラソンが、増々遠退いたとしても、それはQちゃんのせいではありません。(笑)

2008年10月28日 (火)

株価

日経平均株価が26年ぶりに7200円を割ってしまった。
バブル崩壊後の最安値7607円88銭なぞどこ吹く風の大暴落だった。
もう完全に投げ売り状態だ。

外国勢がキャッシュに窮して現金化へ走っているのが主因らしい。
確かに外国投資家に人気のあるスバルの下げがハンパじゃない。

下支えの無くなった株価の行方は、もう誰にも分からない。
優良企業ですらフツウに潰れるご時世だ。

もう既に経済学や投資学の想定外になっている事は間違いない。
今こそ自分のモノを見る目を信じるときだと思う。

一蓮托生となろうとも、悔いの残らない投資をしたいものだ。

2008年10月27日 (月)

焼き鳥

焼き鳥を食べに行った。
ウチは夫婦揃って焼き鳥が好きだ。

焼き鳥と言えば酒がつきもの。
注文取りはまず飲み物から聞かれる。

「しょうがなく」ビールを頼む。
そう、酒はそんなに好きではない。

別に最初から鶏スープからでもいい位。(笑)
だから酒のおかわりはない。

手持ち無沙汰だから焼き鳥を食べる。
焼き上がって皿に置かれた先からパクパク食べる。

だから周りの客よりペースが早い。
いつも最後に来て最初に帰る。(笑)

いつのまにか似た者夫婦。

あ、大きな違いがあった!
妻はナンコツが嫌いだぁ。

2008年10月26日 (日)

天下茶屋の続話

R0015460ほうとう旅行へ出かけた事はお話しした。
柄にも無く写真満載でブログを書いたし、もう(本年の)コノ話は手仕舞いだろうと思っていた。

しかし...今ブログねたに詰まっている。(笑)

掲載した写真を含めて駄作は全て消去してしまった。
でも一つだけネタになりそうな写真があったのだ。

さて、ここで問題です。
こういう時何と叫ぶのでしょうか?

「Time Machine〜ん」(小林克也風by ベストヒットUSA)

ゴミ箱に入れて、トドメに空にしてしまっても、この呪文を唱えれば復活する。(笑)
バカ高い1TBの「無線LAN付NAS」の有り難みが初めて判った。

さて、本題です。
どうやら、あの国民的キャラである「サザエさん」も天下茶屋へ来店していたらしい!!
天の邪鬼なぱっぱちゃんは偽善ぶった感じがして「あの一家」は好きではないのだが、でも何か嬉しい。(笑)

最近JAFメイトにも紹介されてたし、変に混まないことを切に願う。

因に峠道は結構険しい。
見てくれだけの軟弱なクルマで登るとツライ目に遭うのでご注意を。

逆に街乗りしかした事の無いSUBARUユーザーは是非チャレンジしてみたらどうだろう?
真面目に創られた車の挙動が如何にキモチいいかが体験できるハズだ。

2008年10月25日 (土)

ぱっぱちゃんフライトジャケットを羽織る

ほうとう旅行へ出掛けた。
表向きは文字通りほうとうを食べにいくためだけの旅行だった。

しかし、実はもう一つ裏の目的があった...

朝晩がめっきり冷え込む季節ではあるが、日中はまだまだ暖かい。
街でフライトジャケットを着るにはまだ早いのだ。

ならば、山に行けば寒いし、着ててもおかしくないのではないか?

要は早くフライトジャケットが着たいからなのだ。(笑)

R0015473年初から始めた筋トレの成果を試す時が来た。

人が何と言おうと、コレは似合っているのだ!(笑)
中に着ているのは薄いシャツ一枚。
これこそが正しいフライトジャケットの着こなしのハズ。
自分流フライトジャケット道を邁進するぱっぱちゃんであった...

【送料無料】Gbsport THE CLINTON A-2 USA製 【MINK OILプレゼント】[ミリタリー フライトジャケット A2]「GBsport THE CLINTON A-2」

2008年10月24日 (金)

秋のほうとうに舌鼓

先月天下茶屋のほうとうを食べ損なったことはお話しした。
このままでは良い年の瀬は迎えられない。(笑)
ナメコほうとうは絶対食べたいし、渋滞は絶対イヤだ。
そこで平日に休暇を取って、再び天下茶屋を目指すことにした。

天下茶屋2(Chaya of pass)GR12ヶ月点検を終えたばかりの真珠鼠は絶好調だ。
渋滞知らずの高速で、あっというまに到着。

平地から比べればとても肌寒かったが、紅葉にはまだまだ早かったようだ。
1ヶ月ぶりの天下茶屋をGRに収めて、しばし風光明媚を楽しむ。

SUBARU R2 to Fuji久しぶりの遠出に真珠鼠もご満悦のようだ。
高速も快適だが、山道での力強さも心地イイ。

そんな晴れやかな気持ちとは裏腹に、あいにくの曇り空で富士山が見えない。
またしてもグルメ旅行の前途に暗雲が垂れ込めてきたのか...

果たしてお目当てのほうとうはやっているのだろうか?
R0015454
あった!ありました!!
「秋限定 天然ナメコほうとう」金千六百八十円也
でもまだ油断は禁物だ、前回はほうとうの麺が切れて食べられなかったのだ。
恐る恐る聞いてみると、「ありますよ」と、あっけない返事。

R0015465で、宿願の天然ナメコほうとうにありつけた。
天然ならではのデッカいナメコに半ば涙目になりながら舌鼓。(笑)

ああ、美味しい。

やっぱりコレを食わなきゃね。

SUBARU R2 in Chaya大いなる達成感と共に帰路につくことにした。
日が傾きかけた峠道の道端で出発を待つ真珠鼠に乗り込んだ。

帰りも高速は渋滞知らず。
平日のドライブは快適そのもの。

こうして、唯々ほうとうを食べるためだけのグルメ旅行は完遂された。

2008年10月23日 (木)

ぱっぱちゃんAirと共に街へ3

R0015477八王子の手前、石川パーキングエリアに寄った。
最近のPAはとてもキレイで気持ちいい。

しかも、無料無線LANのFreeSpotが来ているので、ネット三昧だ。
一寸したメールチェックも出来るし、こうしてブログをアップ出来る。

R0015476別にPAでまでMBAを広げなくてもイイ気もするけど、私にとっては外で使う事に意義があるのだ。
軽くて薄くてカッコイイMacBook Air。
果たして、ぱっぱちゃんはインテリジェントに見えるのか?!

だから、単なるMacバカだって、コレじゃ。(笑)

2008年10月22日 (水)

Apple26%増益に思ふ

米アップルが21日発表した7-9月期決算は26%の増益だとか。
不景気なご時世だけに大きく取り上げられていた。

曰く「iPhoneの世界的な売り上げが牽引」
曰く「iPodの一強体制が景気後退の影響を受けにくい」

経済アナリストの類いがシタリ顔で「後付け」の分析をしている。

そんなことは誰にでも解る事だ。
悔しかったら減益の時に前述の分析だから大丈夫だと断言してみろ、と言いたい。

私は常々投機ではなく、投資でありたいと思っている。
企業の理念に賛同し、その将来の成功を分ちたいのだ。

果たして、Appleが起業前にJobs自ら私へ投資話を持ちかけていたら、どうしただろうか?

恐らく全財産をつぎ込んでいたかも知れない。(笑)

でもそれはやっぱり「後付け」な予想に過ぎない。
見窄らしい格好をして、訳の分からぬ木箱を見せられても、その価値が理解出来たかは甚だ疑問だ。

そういう意味でApple起業に投資した人はメチャメチャ凄いと思う。
私も世界を変える企業の起業に立ち会ってみたいものだ。

2008年10月21日 (火)

ぱっぱちゃん銀座でdejavuに襲われる?!の巻(笑)

よう、兄弟!(brother)銀ブラの最中にある看板が目に飛び込んで来た。

「brother」

我が家のプリンタ導入計画の選定商品メーカーだ。(笑)
その後勢い余ってココの株主になっちゃったりしている。

恐らく本社ではないと思うが、銀座でも頑張ってるな...なんて、少額株主のクセに関心したりしている。

でも待てよ、何処かで見たような...懐かしいような...親しみを感じる。

新宿スバルビル(Shinjuku SUBARU building)あ、コレだ!
この青は我らがスバルブルーではないか。

銀座で青の既視感

お目当てのトートバックに出会えなくてブルーなぱっぱちゃんであった。

2008年10月20日 (月)

非常階段?

非常階段(Emergency stair)銀ブラの最中に見かけた建物だ。

いや、何か避難のとき楽しそうだと思ってね...

2008年10月19日 (日)

文字通りの喫茶店

喫茶店(Ginza coffeehouse)銀座へ買い物へ行った。
トートバックと財布探しのために。

練り歩いてほとほと疲れて、コーヒーブレイクと相成った。
折角銀座まで来たんだし、スタバやドトールは止めて、ココにしか無い店に入ることにした。
小道に矢鱈繁盛している茶店を発見!

珈琲蕃

古風な佇まいに期待が高まる。
店に一歩脚を踏み入れた瞬間、繁盛の秘密を悟った。

全席喫煙席

店内は煙草の煙が思いっきり漂っている。
今時パチンコ屋でも分煙の時代にコレは凄い。

愛煙家にはタマらないかも知れないが、煙草を吸わないコッチもタマったものではない。(笑)

それでも世界の珈琲を扱う拘りに一途の期待を込めて席に着いた。

ケーキ単品¥400、セットで¥650
銀座とは思えないバーゲンプライスに世界の珈琲はそっちのけでセットを頼んだ。

これが結構旨い。

ケーキはモロにフツーだし、ブレンドコーヒーも至ってフツー。
冷静に考えれば、単に足が棒になるほど疲れていたから、余計に旨かったのかもしれない。

でもね、やっぱその瞬間に旨かったものはやっぱり旨いのだ。

調子に乗って、珈琲を追加注文することにした。
常連らしき人たちが皆「ストロング」をご指名なのだ。

で、これも結構旨い。

ストロング金四百五十円也
銀座地元人はコイツをチビリチビリやりながら、煙草を燻らせるのがツーなのだとみた。

やはりたまには外へ出掛けてみるものだ。
ブログの筆が走る走る。(笑)

煙草臭いけど、矢鱈居心地のいい喫茶店でMacBook Airを自慢げに打つぱっぱちゃんであった。

2008年10月18日 (土)

探しモノ

先日、気の利いたトートバックを探していることを話した。
そしてそれは未だに発見出来ていない。

今新たに財布も探している。
長年愛用している財布がかなりヘタってきて、風水的に良くないらしい。(笑)

ネットを徘徊して情報収集に抜かりは無いが、如何せん使い勝手は実際に手にしないと判らない。

同じ永く使うなら、本当に良いモノを買いたい。

週末はお買い物の原点「銀座」へでも行ってみるか...

2008年10月17日 (金)

New MacBook Air登場に思ふ

Macbook_air去る15日未明に新しいMacBookが発表された。
Appleの全ノートブックシリーズを刷新するビックニュースだ。
詳しくはMac系サイトに譲るが、我がMacBook Airも大幅にパワーアップした。

本来なら、まだ買って間もない時期のアップデートなので、悔しがる場合なのだが...

外観は全く変わらなかったMacBook Airに一安心したのが本音だ。
性能的には今のままで十分満足だし、私のヘナチョコ用途には既に過剰性能なのかも知れない。(笑)

万一MacBook Airが更に薄く、軽くなっていたら地団駄を踏んでいたに違いない。
まあその時は迷わず買い替えるだけの話だから、結局何ら問題は無いのだが...

Macバカですから。(笑)

2008年10月16日 (木)

コイツの季節

【送料無料】Gbsport THE CLINTON A-2 USA製 【MINK OILプレゼント】[ミリタリー フライトジャケット A2]朝晩がめっきり肌寒くなって来た。
日中の風も心なしか涼しげな今日この頃...今年もやって来ましたよ、この季節が...

フライトジャケット「A-2」

年の始めから、コイツが似合うためだけに肉体改造をして来た。(笑)
いよいよその成果を試す時だ。

夏の間、大事にしまっていた衣装ケースから徐に取り出す悦び。
バッチリ手入れしてあるから、買った時のままのしっとりとした手触り。

う〜ん、いいモノはやっぱりイイ。

ぱっぱちゃんの晴れ姿はいつかブログで紹介しようと思っている。

何時かね、何時かきっと...

2008年10月15日 (水)

ぱっぱちゃんAirと共に街へ2

R0015378_2MacBook Airとの旅は残念ながら成功裏にはいかなかった。(笑)

いいプロダクトを携えても、ダメなモノはダメだった。

トドメに撮影した写真を家でチェックしていて重大な事に気づいた。

上着を脱ぎ忘れている...中に着ているのは黒いシャツ...そう、Jobsなりきりルックで撮影する筈だったのだ。


R0015398この企画、懲りずにまだやるよ〜

下手すりゃシリーズ化しちゃうよ〜(笑)

MacBook Airの美しさを表現出来る迄、ぱっぱちゃんは諦めないのだ。

2008年10月14日 (火)

ぱっぱちゃんAirと共に街へ

R0015383MacBook Airは美しい。

MacBook Airはカッコいい。

ならばそれを持つヒトもインテリジェントに見える筈だ。(笑)
そこで急遽企画されたのが、今日のブログなのだ。

MacバカのぱっぱちゃんがAirと共に街へ繰り出して写真を撮る。
んで、インテリジェントに見えるか?どうか。

自分で言うのも何だが...

やっぱ、単なるMacバカだね。(爆)

2008年10月13日 (月)

現代のバビルの塔?

新丸ビル(New MARU building)東京へ出掛けた。

日頃は地下鉄から地下街を通って目的地へ行ってしまうので、地上へ出る事など殆どない。
今回、都会の風景を撮りたくなって、太陽の下に顔を出した。

赤煉瓦の東京駅より何より、絵に言われぬ威圧感で眼前にそびえるビルに目を奪われた。

な、何なんだ、このビル?

広角のGRでギリギリ画を収めて、中に入ってみることにした。
地上の入り口は人も疎らだ。
地下から上がってくる人並みに混じって階上へと向かった。

あれ?どっかで見た事あるなあ...あ、新丸ビルだ!

時々利用している場所が、こんな外観だったんだね。

2008年10月12日 (日)

ぱっぱちゃん空気を手に入れる

Macbook_air予告していたモノを遂に紹介する時が来た。

Macを肌身離さず持ち歩きたいという私の願望...
重たい荷物はイヤだという私のワガママ...

相反する二つのバランス点は愛機PowerBook G4 12inchが担って来た。
そして今、この重責は新たなマシンへと託された。

奇跡の薄さと軽さを実現した「MacBook Air」だ。

近くの家電量販店で実機に出会った時の衝撃から数ヶ月...
やっぱり買ってしまった。(笑)

美しい...

薄くするための徹底振りがもう半端ではないのだ。
多少必要なモノまで削ぎ落とす潔さ。(笑)
端子類をリトラクタブルに格納してしまう執念。

モノの佇まいとしても美しいが、設計哲学自体も美しいではないか。

特筆すべきは、矢鱈薄いのに、凄く頑丈な事。
まるで削り出しのアルミ板のように中が詰まった塊感は、今迄のApple製品〜特にノートブック製品〜には無かった感覚だ。

もう既に芸術の域に達したコイツを携えて、街へと繰り出したいものだ。
きっと、きっと、私の七難を隠してくれるに違いない。

2008年10月11日 (土)

iPhoneの雑感 これ見よがし編

Photo私はよくマクドナルドを利用する。
マックって、次回利用出来る割引クーポンくれるんだよね。
ところが、そのクーポンには有効期限があって、大抵の場合、次回行く時には期限が切れてるんだな。(笑)
幾ら好きだからといっても、そんなに頻繁には行かないからね。

一方、我がiPhoneは相変わらず絶好調なんだけど、人に見せびらかす機会に恵まれないんだな。(笑)
高級財布の様なケースに入ってるし、iPhoneだと気付いてくれない人が多い。

さてさて、この二つの悩みが一挙に解決する妙案があるんだな。
それがこのクーポンリストだ。

iPhoneにクーポンを表示させて店員さんへ見せると割引を適用してくれる。
最初は恐る恐るコッソリ見せていたが、最近は水戸黄門宜しく「控え居ろう!」状態だ。(笑)

店員さんのホンの一寸驚く顔をみるのが何故か嬉しいぱっぱちゃんであった。

2008年10月10日 (金)

ホンダの自信

たまたまホンダの新しいオデッセイの予告CMを観た。

曰く...
「どんな車に乗っているかで男の価値が測れるはずはない。しかし、その人のセンスは、ちょっと問われる気がする。どうだろうか。」

全世界のホンダファンを敵に回しても、私は問いたい。

「フリートやステップワゴンやかつてのモビリオもその気概でデザインしたのだろうか?」

いや、デザインなんて人それぞれ好みの問題だと判っている。
でも、街で見かけて「醜い」と感じるデザインなんてそうそうは無い。(笑)

冒頭の台詞を聞いたとき、思いっきり違和感を感じてしまった。
それは多分、私が最近のホンダデザインの迷走を憂いているからに他ならない。

あの2BOXデザインの奇跡「ワンダーシビック」を創ったホンダなのだ。
あのパッケージングの奇跡「トゥデイ」を創ったホンダなのだ。

2008年10月 9日 (木)

ノーベル賞ダブル受賞

物理学賞に続き化学賞でも日本人がその栄誉を受けた。
クラゲから緑色蛍光タンパク質(GFP)を発見した功績が認められたとか。
生物学、医学の研究にとって重要な物質となる基礎研究だそうだ。

光るクラゲはきっと神秘的であるに違いない。
でも、その光る物質が何であるかなんて突き詰めようとは思わないだろう。
ましてやそこにノーベル賞級の物質が含まれているなんて...

物事を成し遂げ、それが世に認められる人生。
羨ましい...羨ましすぎる。

ただ、毎度言われるように、ノーベル賞の選定って、少しピントがズレてる気がする。
物理学賞の3氏の「今頃かよ?」的な反応。
化学賞の氏の「何で化学賞だよ?」的な反応。
いずれもが、ソレを物語っているようではないか。

ま、暗いご時世に何とも喜ばしいニュースであることに違いは無い。

2008年10月 8日 (水)

ノーベル三銃士

今年のノーベル物理学賞は3人の日本人が受賞した。
基礎科学の分野での受賞に大きな意味がある...らしい。

既に発見されていた3種類のクォークの他にもう3種類の存在を予言したとか、しないとか。(笑)

見えもしないモノを、しかも理論だけで予見するとは何ぞや?
今回の受賞よりも、理論が実証された時の方が嬉しかったというのが、いかにもガクシャらしい。

果たして、彼らの目にはこの宇宙がどう映っているのだろうか?

宇宙の始まりは?
宇宙の果ては?
ダークマターって一体何?

きっと誰かが全てを解き明かしてくれるに違いない。
思いっきり他力本願なぱっぱちゃんであった。

2008年10月 7日 (火)

人の箍(たが)が外れる時

個室ビデオ店放火のニュースの詳報を見て思った。

容疑者の転落人生の悲哀

元は大手電機メーカー勤務で妻子もマイホームもあったとか...
順風満帆な人生の何処に落とし穴があったのだろうか?
ギャンブル好き位何処にでもいるだろうに。

アキバ事件の容疑者と根本的に異なるのは、彼に殺意が全く無かったであろうこと。
人に対する怒りではなく、人生に悲観し、生きる気力を喪った様が想像に難くない。

勿論、15人の命を奪った過失は残念ながら酌量の余地はない。

でも、彼を未然に救うことは出来なかったのか?
マンションを上半身裸の下着姿でうろついている時点で、十分常軌を逸している。
現代は隣同士ですら親交の無い世間である。
忌み嫌われただけで救いの手が期待出来ないのは致し方ないと思う。
増してや転々と転居していては、彼の素生を知る由もない。

それでも尚、彼を救えなかったという事が残念でならない。

人は皆それぞれの人生を背負っている。
己の不幸を願っている者などいない筈だ。

彼が不遇の中でもがいている時、掴まる「藁」は無かったのか?
そしてそれは誰が用意するべきなのか...

同世代のオヤジとしては他人事ではないのだ。

2008年10月 6日 (月)

書斎にて...

久々に近くのポポラマーマに来てみた。

大袈裟なようだが、コレには2つの意味がある。

一つは、iPhoneを買ってどこでもネットが繋がるようになって、書斎が必要なくなったから。
もう一つは、未だに「BOBOラマーマ」(検索対策のため一部ローマ字表記)で検索して私のブログを訪れる人が後を絶たないから。(笑)

おそらくこのブログが「ポポラマーマ」ネタの書き納めかもしれない。
勿論パスタ好きなんで、食事に来ることはあったとしても、書斎としての役目は終わったのだ。

今日はひきわり納豆キムチのみぞれ醤油味withドリンクバーを食べた。

私の書斎としての最後を飾るように、Freespotの電波がバリ3だ。(笑)

これまでありがとう、ポポラマーマ。
ブログに詰まった時、何度ココに助けられたことか...

2008年10月 5日 (日)

Mr.ETC再び

な、なんと!
私のブログにMr.ETCご本人からトラックバックをいただきました。(笑)
ご自身のHPをお持ちのようです。

ポスターとか撮っちゃってから言うのも何ですが...
2等親キャラの方が好感度高いと思いますよ?(笑)

ぜんぜん「ゆるキャラ」じゃなくなってマス。
前なら「ちゃん」とか「君」呼び出来たけど、これじゃ「さん」付けだ。

あ、「Mr.」付いてるから敬称不要だぁ〜(笑)

※静かにブログやってるんで、トラックバックは返しません。

2008年10月 4日 (土)

ねむい

季節の変わり目だからなのか...ねむい。

ど〜でもいいことなんだけど...

人類にはなぜ睡眠が必要なんだろうね?
どこかで、脳のデータ整理時間だと読んだことがあるけど。

確かDNAの2重螺旋構造を解明したノーベル賞学者の次のテーマは睡眠だったような...
あれから何か解明されたのだろうか?

やっぱねむいわ、寝ます。(笑)

2008年10月 3日 (金)

怖いモノ見たさ

Photo「明治製菓:北海道チョコポテト のり塩」

以前私はオリジナルの北海道チョコポテトを食べて「二度と買うことはない」と断言した。

私の嗜好はさておき、皆だって少なからず違和感を覚えた筈だと思っていた。
まさか味のバリエーションが出来るとは夢にも思っていなかったのだが...

ポテトとチョコだけでもアウトなのに、「のり」まで加わりやがった。(笑)

もう絶対口に合わないと確信していたが、その通りだった。
チョコの甘さに、ほのかに残るのりの磯臭さ...

金輪際このシリーズは、例え何があってももう買わない。(笑)
チョコ明太味とか、チョコマヨネーズ味とか、チョコタバスコ味とか...

ブログネタに詰まったって、コレだけには手は出さないと心に誓うぱっぱちゃんであった。

2008年10月 2日 (木)

静粛に

衆院本会議で代表質問が始まった。
何か噛み合わないやり取りには肩すかしを食らったが、それよりなりより感じたことがある。

周りの野次は耳障りだから止めた方がいい。

子供の頃、話し合いの場で人が発言するときは静かに聞くって教わらなかったのだろうか?
いい大人がこれでは、子供に示しがつくまい。

それとも会議とは名ばかりで、球の無い草野球でもやっているのだろうか?
くだらないパフォーマンスをやる暇があったら、早く景気を何とかして欲しいものだ。

秋の夜に
   永田の虫が
       空騒ぎ

2008年10月 1日 (水)

残された時間

NHKで「プロフェッショナル」という番組の再放送を観た。
末期がん患者のためのホスピスの看護師長さんを取り上げていた。

いや〜ぐうの音も出ない位、考えさせられた。

人は皆いつか終わりがくる。
分かってはいても、まだ実感が伴わない。
少なくとも今は健康であるはずだし、今日明日に最期が訪れるとは到底思えないからだ。

そんな甘っちょろい考えが凍り付く程に人の死期は重たかった。
絶望の中でただ死を待つか、残された時間に希望を見出せるか...

今までの人生、そして余生に、自分は悔いなく生きているのか、大いに考えさせられた気がする。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31