フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 寒いねえ | トップページ | ソフトバンクの心意気 »

2008年10月31日 (金)

iPhone九死に一生を得る

高級財布の様な我がiPhoneはすっかり生活の一部となり大活躍している。
幸い大きな事故もなく、無傷のままだ。

ある晩いつものようにバスでPASMOのタッチ&ゴーを厳かに決めようとした時だった。
手が滑ってiPhoneを投げてしまった!

一瞬時間が止まって、iPhoneがゆっくりと床へと舞うのが見えた。
途中私の耳に掛かるヘッドフォンを引っ張った。
それはまるでiPhoneが私に助けを求めてすがるように感じた。

しかし私はiPhoneを救えなかった...

iPhoneは無惨に床に叩きつけられた。
最悪の事態を覚悟してiPhoneを拾い上げる私。

高級財布が不敵な笑みを浮べたように感じた。
「俺様を誰だと思っているんだい?」

フリップを閉めた状態の高級財布はiPhoneをしっかりとプロテクトしていた。
バスの床面がゴム張りだったことも幸いして、擦りキズ一つ付くことなく済んだ。

ああ、ケースに入れてて本当に良かった。
もう絶対に絶対に落とさないと心に誓うぱっぱちゃんであった。

« 寒いねえ | トップページ | ソフトバンクの心意気 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230947/24887658

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone九死に一生を得る:

« 寒いねえ | トップページ | ソフトバンクの心意気 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31