フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

外車ディーラーに思ふ

都心の一等地には外車ディーラーが多い。
マセラティ、ポルシェ、フェラーリ、ジャガー、etc.

人生の折り返し地点をとっくに超えた今でも、ガラス越しの「宝石」に心躍る。

何であんなにカッコいいんだろう?
何であんなにイカしてるんだろう?

それは、羨望と云う名の「絶望」を喚起させる。(笑)

ただ高額なだけなら、ただ高性能なだけなら、ここまで眩しくは無いだろう。
ブランドを高める確固たる哲学が存在しているからに違いない。

哀しいかな、これらの車に乗る自分が全く想像出来ない。
欲しいか?と、問われれば、タダでも要らないと答えざるを得ない。(笑)

「激突!スーパーカークイズ」を遮二無二見ていた少年時代。
当時、憧れの存在としての車達は、今でも同じ距離を保って、やっぱり憧れの存在なのだ。

上手く言えないけど、そういうことなのだ。(笑)

2008年11月29日 (土)

不思議な八百屋

Green
吉祥寺から高井戸方面へ向かう街道沿いで見かけた。
敷地の正門を塞ぐように鎮座したショーケース。
車の中からiPhoneでパチリ。

2008年11月28日 (金)

ギロッポンな夜

六本木に行く機会があった。
既にクリスマスムード高まる街は電飾に彩られた並木道が美しい。
街行く人もどこか皆楽しそうだ。
用事は早々に済み、帰宅してから気付いた。

あ、写真撮ってないや...

それなのにこの話しでブログを書いてしまう哀しさ。
いよいよ追いつめられるぱっぱちゃんであった。(笑)

2008年11月27日 (木)

iPhoneの雑感 株価編2

Img_0001iPhoneの純正App「株価」が最近遂に日本語化された。

折角なんだけど...

私は前の株価コード表示の方がいいなあ。
一寸字が大きすぎておマヌケさんだ。

それでも、細かいところまでジワジワと改善されて行くiPhone。
Appleの本気と誠意が感じられて私的にはカナリ気に入っている。

2008年11月26日 (水)

iPhoneの雑感 電話編

Img_0006iPhoneは世間一般的に電話である。
しかし、私のiPhoneがソレとして機能することは殆どない。

もともと電話をする習慣がないし、する相手もいない。(笑)
日頃仕事で会社の携帯に振り回されていては、プライベートで使う気にはなれない。

それでも、iPhoneが実は携帯電話としても結構イケてるという評判を見聞きしてしまうと、使ってみたくなるのが人情ってもんだ。

これ以上通信費が嵩むのもナンなので、ソフトバンク同士のホワイトプラン相手を作ることにした。
何の事はない、妻にauから乗り換えてもらうことにしたのだ。

今更妻と携帯で何を話す事があるかって?

いや、話すのが目的ではない。
iPhoneで電話をするのが目的なのだ。(笑)
街中でこれ見よがしにiPhoneを耳に当ててヤンエグを気取りたいのだ。

なんせAppleバカですから。

2008年11月25日 (火)

今も今日

今日のブログをまだ書いていない。
開始以来、一日も欠かした事のないこのブログをだ。

はっきり申し上げよう。

もう忙しくてブログどころではありません。(笑)

でもね...

私の性格上、一日開けたら、多分もう熱が冷めてしまうかも知れない。

カエルにも意地がある。(笑)

石にへばりついてでもこの暮れを凌がねば...

今もまだ今日だ。(笑)
行けるところまで行ってみよう。

2008年11月24日 (月)

寿司屋にて

丸の内で寿司屋に入った。
くるくる回らない寿司屋だ。(笑)

私はラーメン屋や定食屋ではカンター席に座る事が多い。
だから迷わずカウンター席を選んだ。

寿司屋のカウンター席は一寸意味が違う事に気付いた。
目の前で板前が張り付いてサービスしてくれるのだ。

そんなの慣れてないので、何か落ち着かず、居心地の悪い状態になった。
以前、高級レストランに入った時、テーブルに専任のサービスが付いて、これ又落ち着かなかった事を思い出した。

貧乏人は寿司屋でカウンター席へ座ってはならない。(笑)
ひっそりとテーブル席で喰らうのが吉とみた。

寿司はとても旨かった。
板前の視線がなかったら、もっと旨かったに違いない。

2008年11月23日 (日)

ある季節

【送料無料】Gbsport THE CLINTON A-2 USA製 【MINK OILプレゼント】[ミリタリー フライトジャケット A2]日差しの暖かい、いい休日になった。
冬の間の小春日和?

こういう季節はナニに最適でしょう?

そう、フライトジャケットA-2の季節です。
私が勝手に決めました。(笑)

実際、何故か私のブログを以下の検索ワードで訪れる人が増えました。

「フライトジャケット 着こなし」(笑)

落胆させる前に言っておきましょう。
私のA-2着こなしは邪道です。(笑)
ていうか、着こなせてません。

思うに、A-2を着こなす資格のある人は、こんな人だと思うんです。
○肩幅が衣紋掛けみたいに広い人
○胸板が水泳選手みたいにある人
○胴が肉食人種の典型的に短い人

そう、A-2着こなしの極意はインナーでも小物でも何でもない。
着る人の体型だけなんです。

スティーブマックイーンがどう着ようが死ぬ程カッコいいんです。

私は今も肉体改造を続けています。
でも、草食人種宜しく胴長なのは如何ともし難い。(笑)

私は既にリアルなA-2着こなしは諦めました。
私が目指しているのは、普通にA-2を羽織るアメリカのオヤジです。(笑)
その頂点がクリントンさんだと勝手に思ってます。

じゃ、そういうことで、今後ともお許し下さい。(笑)

2008年11月22日 (土)

ボジョレーヌーボー

今年もボジョレーが解禁された。

酒は殆ど飲まないが、全く飲まない訳でもない。
ワインに目がない訳ではないが、嫌いでもない。

Macの無い世界には絶対住めないが、酒の無い世界でも絶望はしないと思う。(笑)

そんな私が毎年この季節になると、ボジョレーを2〜3本お買い上げだ。
何の事は無い、歳を食うと「お付き合い」というのも必要なのだ。

フランス以外では日本は最大の輸入国だとか。
思うにそれは日本がワイン大国だからではなく、お付き合いとしがらみの国だからに他ならない。(爆)

唯一の救いがあるとすれば、私はワインの肴が大好きなのだ。
匂いのきついチーズやアンチョビ、オリーブ、プロシュート、etc...
酒を飲む為のつまみではなく、つまみを食べる為の酒と考えれば、満更でもない。(笑)

毎年聞いてる気もするけど、今年のボジョレーは当たり年らしい。(笑)
酒とはビミョ〜な距離を置くぱっぱちゃんに飲まれるワインは、果たして幸せなのだろうか?

2008年11月21日 (金)

ある判決に思ふ

割り箸男児死亡事故の医師への2審判決が無罪となった。
誤解を恐れずにモノ申せば、無罪が妥当だと思われる。

常識的に考えて、男児が病院に運ばれて来た時、割り箸を抜かずに来たとは考えにくい。
刺さった後だけを見て、脳に迄到達して、破片が残留していることを想定することは、果てしなく困難だったと思うのだ。
医師は神ではない。
事故現場を見ずして真実を見通すことは出来ない。

むしろ事故直後の対処に省みるべき点が多いのではないか。
男児の死を無駄にしない為にも、保護者の啓蒙にこそ光明を見出して欲しい。

子供の頃、箸や竹串を意味なく持って歩くと親に怒られたものだ。
それでも子供の挙動の全てを掌握出来るものではない。
万一の時には、刺さったモノを捨てずに、体内への残留を疑う事。

痛ましい事故は、医師側、原告側、そして社会に教訓を与えたに違いない。

2008年11月20日 (木)

些細だが偉大な進化

PhotoMacBook Air MagSafe 電源アダプター

私はおっちょこチョイだ。
昔から、大事な大事なPowerBookの電源コードに足を引っかけて、本体諸共床に落っことしたり、電源アダプターの金口をユルユルにしてしまったりして来た。

それはそれは落ち込んでしまう大失敗だ。
しかしそれは、永く使っていればど〜しても避けられないことでもある。

Macintoshは常に人に優しい。
避けられないのなら、壊れないようにしてくれた。(笑)

それが「MagSafe 電源アダプター」だ。

今迄の金口が差し込んで固定したのに対して、強力な磁力のチカラでくっ付いているだけ。
だから強い力が加われば本体を道連れにすることなく、あっさりと外れる。
この磁力でくっ付くチカラが絶妙なのだ。
本当に些細な改良だけど、感涙モノの進化だと思っている。

因に効果の程はもう幾度となく立証済みだ。(笑)

2008年11月19日 (水)

インフルエンザに思ふ

今年はインフルエンザ流行の兆しだとか。
私も先手を打ってワクチンを接種した。

久方ぶりの筋肉注射だったが、今の注射針は細くて痛くないのに驚いた。
でもやっぱり筋肉注射は打った後が痛い。
二三日腫れて押したり腕を曲げると痛かった。

まあこれで高熱に魘されなくて済むと思えば、お安い御用だ。
熱にはからっきし弱い質なもので。

それにしてもワクチンという技術、概念には驚嘆せずにはいられない。
免疫という生物の奇跡的なシステムを実に巧みに利用している。

こんな凄いモノを接種したのだから、もう絶対にインフルエンザには罹る気がしない。
結局病は気からなのである。(笑)

2008年11月18日 (火)

ナイス石破さん

例の空幕長論文問題に対して、石破さんが自身のブログで意見している。
コレが実に的確で小気味よい。
ほんの一寸引っ掛かるトコが有るけど、概ね賛同出来る。
やっぱいいわ、石破さん。
本当に農相でいいの?(笑)

2008年11月17日 (月)

touchの思惑

AppleのiPod touchのCMを観た。
豊富なゲームと快適な操作性をアピールする内容だ。
どうやらAppleはクリスマス商戦へ向けてiPod touchを最高のゲームマシンとして売り込みたいらしい。
いよいよ任天堂へ殴り込みなのだろうか?
いやいやSONY以上に手強いと思うけどなぁ。(笑)

2008年11月16日 (日)

目覚まし

MacminiウチのMac miniは「省エネルギー設定」で夜の12時にシステム終了し、朝の7時に起動するよう設定している。

夜更かししないように...そして寝坊しないように。

これが結構効くのだ。
ネットを徘徊していようが、面白いテレビがやっていようが、株の注文を入れてる最中だろうが、お構いなし。
「システムを終了しますが宜しいでしょうか?」
勿論、いきなりバチッと切れる訳ではないのだが、凄く夜更かしの抑止力になる。(笑)

そして朝だ。
Macバカな私にとって、Macの起動音は特別な意味を持つ。
何ていうか、Macintoshという未来からの玉手箱を開ける為の号砲のような...
釣られて私の頭のお粗末なシステムも起動してしまうのだ。(笑)

目覚まし時計はMacintosh。
う〜ん何てゴージャスなライフなんだろう。(笑)

2008年11月15日 (土)

DESIGN BOX DEX DEBUT!

だそうです。

2008年11月14日 (金)

生まれ変わって...

Quietcomfort2BOSE QuietComfort2

愛用しているBOSEのヘッドフォンの部品が経時劣化したので修理に出した。
部品は本体と一体化しており修理不能ということで、交換修理になるという。
決して安くはない見積もりだったが、新品に買い替えるよりはずっと納得出来る価格だったので、二つ返事で修理することにした。

程なくして新しいヘッドフォンが届いた。
シャンパンゴールドからシルバーへと変わった本体色だけは少し残念だったが、その他は問題ない。
消音性能が向上しているらしいが、大きな違いは感じられなかった。
ヘッドフォンジャックが小型化してて、iPod等で使用するときの取り回しが良くなっている。

それよりも何よりもピッカピカの新品に戻った事が嬉しい。
小さいくせに静寂のリスニングルームを提供してくれるコイツは私のお気に入りだ。

2008年11月13日 (木)

軽量化への期待

噂系サイトの情報によると、MacBook Airの筐体の一部をカーボンファイバーで置き換えて軽量化の計画がある「らしい」。

噂はあくまで噂でしかないが...

私的には結構期待してしまう噂だ。
ノートブックが軽くて困る人は居ない。
そりゃあ、紙のように軽くて、そよ風に舞ってしまうようでは困るが。(笑)

MacBook Airは不思議な位置づけのマシンだ。
ジョブス閣下お得意の商品マトリクスの何処にも当てはまらない、実験的、先鋭的なプロダクトだと言えよう。

MacBook ProとMacBookの盤石なラインナップがあって尚、存在意義が求められるマシン。
それが薄さであり、軽さであり、美しさである訳だ。

もうカーボンだろうがボロンだろうがプラチナだろうが、好きなようにやって下さい。(笑)
私は何処迄もついて行きますから...

2008年11月12日 (水)

余計なお世話

MacBook/MacBook Air用 シリコンキーボードカバー

MacBook Airにキーボードカバーを買った。
歴代の愛機には殆どコレをつけている。
その半端じゃない汚れ方を見れば、次もぜひつけたくなるのだ。(笑)

今回の製品はシリコン製で、キーの形通りにしっかり成型されているので、ぴったりフィットだ。
ただし、MacBookシリーズのキーボードはキーの高さが低く、ストロークも短いので、カバーによるフィーリングの低下はやや気になる。
それでも、あれだけの汚れがキーボードについてしまうのは絶対イヤだ。

ところで、このキーボードカバーの「売り」の一つとして、Windows-Keyがシルク印刷されている。

はっきり言って、余計なお世話だ。
私はMacintoshを買ったのだ。
Windowsをブートするつもりは毛頭ない。

Amazon等の無店舗なネットショップなら、在庫のリスクは最小に留められるハズ。
ぜひWin-Keyの印刷の無い「生粋マックユーザーバージョン」を併売して欲しい。

責任を以って私は買い替えます。(笑)

2008年11月11日 (火)

ハイチーズ?

テレビで最新のデジカメのCMをやっていた。
顔が斜めだろうが、横顔だろうが、顔を認識してピントを合わせるとか。

そういえば、笑顔になるとシャッターが切れるデジカメもあったっけ。

技術の進歩は恐ろしいねえ。
顔認識なんて、最初は巨大コンピュータを使ってやっとだったはず。

小さなデジカメに組み込まれて、実用になるなんて...

なんて感心しながら、顔認識はおろか手ぶれ防止装置すらないGR-Digitalを愛用するぱっぱちゃんであった。

2008年11月10日 (月)

無限シリーズ

ラジオにバンダイの人がゲストで出演していた。
無限シリーズの第三弾の紹介らしい。

無限シリーズと言えば、∞プチプチ、∞エダマメと続いたヒット商品である。

その余りのバカさが私は大好きだ。
私はプチプチやエダマメが無限である必要性を全く感じない。
というより、そもそも無限にしようという発想自体がナイ。(笑)

そして第三弾が発表された。

∞ペリペリ

スナック菓子等の外箱の開け口を「無限に開けられる」んだって。
またまたおバカな発想に開いた口が塞がらないわ。(笑)

2008年11月 9日 (日)

不思議な思い

日本シリーズが盛り上がっている。
私は野球には全く興味はないのだが、ここ迄拮抗してくると多少興味がわいてくる。

興味の無い野球で唯一嗜好があるとすれば...大の巨人嫌いである。
ナベツネ氏の影響なのか、凄くダーティーなイメージがある。
ところが、個人ベースで見ると原監督が好きだ。

それは何故か?

昔々、岩崎宏美と共にスバルレオーネのイメージキャラクターになっていたから。(笑)
私に言わせればスバル仲間な訳だ。(笑)

皆の嫌がるWBC監督も快諾し、何ていい人なんだと思う。

巨人は嫌いだけど、原監督は好き...なんとも不思議な思いだ。

2008年11月 8日 (土)

繁忙期

めっきり寒くなった。
暮れが掻き入れ時の仕事なので、もうかなり忙しい。
ブログを優雅に書いている余裕はもうない。(笑)

以前のように1ヶ月分位書き溜めしたいものだ。
明日は「書斎」に篭ってみようかな...

考えてみれば、年末年始なんて毎年代わり映えしないんだから、年越しそば食ってるとか、紅白が面白く無いとか、適当に書いておけば「当たらずとも遠からず」だろう。(笑)

まずは去年のブログのチェックから始めてみるかな...

2008年11月 7日 (金)

職人登場

「アジェンダ/宛名職人Ver.15」
発売が延期されていた宛名職人がやっと発売になった。
どうやら牛歩の如き開発も、丑年には間に合ったようだ。(笑)
このブログでも散々な物言いをしてきたが、結局ダウンロード版をお買い上げだ。

インストールはしたものの、忙しくて弄れず仕舞いだが、MacBook Air上ではキビキビと動くようだ。
いずれ使い込んでみてココで紹介してみたい。

何時かね、何時かきっと...

2008年11月 6日 (木)

オバマ氏圧勝

大方の予想通りオバマ氏が大統領選挙に圧勝した。
即ち私の予想は外れた。

私は所謂ブラッドリー効果が働き、オバマ氏の前に人種の壁が立ちはだかると思っていた。
しかし、アメリカは私が考えている以上に自由の国であった。

変革がもたらす未来はバラ色なのだろうか?
まだまだ経済政策は未知数だが、宜しくお願い申し上げたい。(笑)

2008年11月 5日 (水)

珈琲ルンバ

やなか珈琲(YANAKA Coffee)コーヒー豆を買いに行った。
各地のコーヒー豆を量り売りしている様は、味噌屋やお茶屋のそれとよく似ている。
なるほどコーヒーが日本にしっかり根付いている事を実感する。
私はコーヒーの芳ばしい薫りが大好きだ。
店内が凄くいい雰囲気だったので写真を撮った。

2008年11月 4日 (火)

ラーメン、つけ麺、僕つけ麺?

「瞠 池袋店」(濃厚魚介系ラーメン)
池袋へ行った。
旨いつけ麺を喰わせる店があるとの情報を仕入れたのだ。

池袋でつけ麺といえば、某超有名店が直ぐに思い浮かぶが、勿論偵察済みであるが、このブログで取り上げた事は無い。
私はなるべくネガティブなブログは書きたくないのだ。(笑)

店に近付くだけで芳ばしい魚の匂いが漂ってくる。
店内は大きく長く高いカウンターで高椅子に座らせるスタイル。
椅子同士が離れているので、すっごく落ち着いていてオシャレな雰囲気だ。

一応ラーメン屋だが、お目当てはつけ麺単独指名。
折角だから味玉チャーシューつけ麺...所謂全部入り...を頼んだ。

久々に旨いものを喰った気がする。

グルメブログではないので、詳しくは書かないが...旨い。
チャーシューもメチャメチャ旨い。

恐らくまた食べに来ることになるだろう。
我が家の巡回グルメルートに加わった事は間違いない。

2008年11月 3日 (月)

ぱっぱちゃん外国人と文通する?!

実は私にはずっと悩んでいることがある。
毎年この時期になると、ある外国人からメールが届くのだ。
内容は「今年のハロウィンの仮装はどうするか?」の相談メールなのだ。

勿論、私にはハロウィンを祝う習慣など無いし、増してや仮装をする趣味も無い。(笑)

所謂間違いメールというヤツだ。

これがジャンクメールやフィッシングの類いならスルーでお仕舞いなのだが...
差出人のラストネームがなんと私と一緒なのである。

全く悪意のないミステイクなのだから、連絡してあげれば済む話なのだが...
私は英語が全くダメなのである。

幸か不幸か、私のアドレスはCcに加えられているため、恐らく目的の相手へはメールは届いている筈だ。
このまま黙っていても大きな問題にはならないかも知れない。

しかし...
毎年ハロウィンの季節が来る度に、一生仮装の相談メールが届くのも何か割り切れないモノがある。(笑)

そこで、今年は意を決して返信メールを送ることにした。

I am ******, living in Japan.
You send the mail to Cc which is wrong address.
I desire the fact that you reconfirm , please.
It's OK , reply unnecessary.

Macの翻訳機が吐き出す英語は、英語音痴の私の目にも明らかに変だと分かる。(笑)
たった4行のメールに小一時間かかってしまった。
でも、一生悩むよりは一時の恥である。

万一お詫びのメールなぞ頂いても、それに返信するのが苦痛なので、返信不要の一文も加えた。

果たして私のメールの真意が伝わったかどうかは...来年のハロウィンの時期に判明する。(笑)

2008年11月 2日 (日)

勝手な予想

アメリカ大統領選挙が迫っている。
大方の予想はオバマ氏圧勝。

以前まだオバマ氏とクリントン氏が大統領候補を競い合っている頃、私はブログでこう書いた。

「どうせマケイン氏の勝ちだから...」

今でもこの予想を覆すつもりは無い。
いくらアメリカが自由の国と言っても、所詮限界がある。

万一本当にオバマ氏が勝つようなことがあれば、自由の国アメリカはホンモノと認めざるを得ない。

2008年11月 1日 (土)

ソフトバンクの心意気

ソフトバンクからiPhoneに関する発表があった。
 ○充電・ワンセグチューナーの発売
 ○メールの絵文字対応
これら二つは、きっと大喜びの人がいるのだろうが、私はさして必要を感じていない。

しかし問題はこの次だ。
 ○公衆無線LANし放題
これだ!これなのだよ!!
自前のBBモバイルポイントをiPhone 3Gユーザー向けに無料開放という大盤振る舞い。(笑)
結構BBの電波は見る事が多く、コレが使えればなあ...何て思っていた。
ネットの方々で「ソフトバンクは本気だ」という好意的な論調が多見される。

でも、敢えて私は言いたい。

孫さんはiPhoneを扱うと決めたときから本気だよ。(笑)

果たしてソフトバンクの心意気は携帯のガラパゴス日本で受け入れられるのだろうか?

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31