フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

相性?

「俺たちフィギュアスケーター」

私は基本的に「おバカ」が大好きだ。
しかし、全ての「おバカ」に対して寛大ではないことがこの映画で判明した。(笑)

全く以て面白くない。
もう全編に渡って、だ。

もう不愉快になる程にくだらない。(笑)
鑑賞に費やした時間を返して欲しいくらいだ。

ここまで自分と相性の悪い映画も珍しい。
何故にダメダメなのか、今は考えるのも面倒くさい。(笑)

例えば、「くだらなさ」では桁違いの「スキージャンプ・ペア」は大好きだ。

嗚呼、もう考えるの止めた。
ま、世の中そういうコトもあるということで...って、どういうコトだ?!(笑)

2009年5月30日 (土)

カラオケ!

「カラオケJoySound/うたスキ」

久し振りにカラオケへ行った。
最近はゲーセンにご執心だったが、カラオケ好きの方からコメントを頂き、俄然カラオケ心に火がついた。(笑)

ブランクが長かったせいか、声が出ない。
特に高いキーがメタメタだ。(笑)

私は基本的に原曲キーで歌うことにしている。
音感が乏しいので、オリジナルの聴いたままじゃないと歌えないのだ。

しかし、今日は流石に緊急事態だ。
持ち歌を低くキーチェンジしてウォーミングアップ。(笑)
伴奏に合ってるんだか、半信半疑で、案の定点数が伸びない。

時間切れ間近になって、やっと少し声が出始めた。
最後のトリは「女体マーケット」で勝負!(笑)

途中、自己記録更新マークがちらついて気負ってしまったものの、本日会心のデキだった。
それでも90点越えの達人に阻まれて全国2位。
まあコレが自分の限界かな...

やっぱカラオケは面白い!

2009年5月29日 (金)

密かな楽しみ?

R0016218
「湾岸ミッドナイトMAXIMUM TUNE3 DX」

会社の帰りにゲーセンに寄る不良中年になってしまっている。(笑)

学校帰りの高校生に混じって、いい歳した背広姿のオヤジが湾岸ミッドナイトである。(笑)
しかも、謎の軽=R2を駆って...

私の後ろで何やら高校生同士が話している。

高校生A「何?あのクルマ?」
高校生B「隠しカーだよ、ハイエースとかも出せるらしいよ。」
高校生A&B「.....」

もう、ニンマリである。

恐らく全く同じゲームをやっていても、感じ方は360°違う筈だ。

方や、まだ免許もなく、勿論車もなく、真っ当なら実車を運転した事もない彼らのバーチャル体験。

方や、溺愛する愛車で、ほぼ毎日通る首都高を、あり得ないスピードで疾走するバーチャル体験。

きっとどっちも思いっきりシアワセに違いない。(笑)

いつの間にか総走行距離が333km、出力が580馬力になった。
まだまだ熱は冷める気配がない...

2009年5月28日 (木)

雨だ...

雨だねぇ...

2009年5月27日 (水)

そっくり

J-WAVEのTOKYO MORNING RADIOの別所哲也さんて、カビラさんそっくりだよね?
うんうん...

2009年5月26日 (火)

もう蚊の季節

プ〜ンと五月蝿いねぇ...
いやいや蝿じゃなくて蚊のハナシ。

2009年5月25日 (月)

ある決意

昨日は年甲斐もなくゲーセンでレースゲームに興じてしまった。

その時は気付かなかったが、かな〜り力が入っていたらしい。

腕と脚が筋肉痛になってしまった。

考えてみれば、軽自動車であの首都高を300km/h以上で突っ走るんだから、そりゃあ力も入るってもんだ。(笑)

私はコレでも毎日筋トレに励んでいるし、決して運動不足ではない筈だ。
もしも全く何も運動してない頃だったら、今頃起き上がれない状態だったかも知れない。(笑)

よし、決めた!!
筋トレのメニューを増やして、湾岸ミッドナイト対策をしよう!(笑)

それにしても...私の筋トレの動機は果てしなくアホらしい...(笑)

2009年5月24日 (日)

真珠鼠500馬力チューニング?!

R0016218
我が愛車=真珠鼠が遂に500馬力に?
そんな訳ないのでア〜ル。(笑)

これはバンダイナムコのアーケードレースゲーム「湾岸ミッドナイトMAXIMUM TUNE3 DX」の中でのお話だ。
実在の首都高速を舞台にした同名漫画を基にしたゲームなのでア〜ル。

それにしても、並みいるハイパフォーマンスカーの中に何故にR2がいるのだろうか?
実はこのR2は特殊な操作で登場する「隠れキャラ」の一台だ。

オーナーとしてそりゃあヤルしかないでしょう!!(笑)
わざわざR2を運転するためだけに遠くのゲームセンターまで出向いたのだ。

ゲーム慣れしてないせいか、何度やっても隠れキャラが登場せず、SVXでプレイすることになった。(それはそれで涙モノに嬉しいのだが...)

意を決して店員さんに隠れキャラを出してもらうように頼んだ。
店員さんも存在を知らなかったのか、ネットで調べて苦労の末に「隠れR2」を出してもらった。

そこからゲーム三昧である。
まさかの愛車で、しかも色まで全く一緒で、ZやGT-Rを蹴散らすのはこの上なく快感である。(笑)

そして、首都高の景色が超リアル!!
平日ほぼ毎日通る首都高のまんまなのでア〜ル。

もう果てしなくハマる。(笑)
気づけば、あっと言う間に200kmだ。
道が正確に再現されてるから、コレ真面目に200km走ったことになる。(笑)
勿論あり得ない240km/h以上で突っ走るのだが...

ゲームが余りにもリアルなんで、帰りの運転が怖い怖い。(笑)
自制しないと右へ左へジグザグ走行しそうになってしまう。(笑)

ナムコさん、ゲーム制作者の皆さん、本当にありがとう。
よりによって、隠れキャラにSUBARU R2を選んでくれて。
この歳になってゲーセン通いすることになるとは夢にも思わなかったよ。(笑)

しかも今時のアーケードゲームはITフル活用だ。
戦歴とともにチューンナップされる愛車のデータをカードに保存して、次回は続きから出来てしまう。
ネット上にデータをアップすると全国順位も判ってしまう。

少なくてもゲームに登場する車種のオーナーは絶対ハマるの間違いなしだ。
果たしてこれから幾らつぎ込むことになるんだろう?(笑)

R0016240

2009年5月23日 (土)

14年の年を越えて...

R0016202押し入れの奥からこんなモノが発掘された。

新婚旅行のハワイで買った自分達へのお土産。

何だと思う?

細かい所まで結構リアルに再現されてる。
ポイントは何かを持った手だ。

遥か昔の想い出だ。
当時はまだデジカメなんて持ってなくて、銀塩の時代。
iPhotoで気軽に見返せる現在って実は凄い事なんだと思う。
新婚旅行の写真なんて行ったきり見た事も無い。(笑)

そろそろ問題の答をお教えしよう...

R0016204答えは缶ビールの持ち手=ホルダーだ。

缶ビールにぴったりとハマり、ビアマグ宜しく持ち手になるのだ。

凄いでしょ?

当時そのアイデアに感心して、喜び勇んで買って来た。(笑)
その後同類の製品を見ない状況から見て、大した事は無かったという訳か?(笑)

嗚呼、ハワイは楽しかったなぁ...
また是非行ってみたいなぁ。

何時かね...何時かきっと...

2009年5月22日 (金)

嗚呼、週末

週末に
   懸ける念いが
         雪だるま

詠み人:ぱっぱちゃん

2009年5月21日 (木)

冷コー?

アイスコーヒー(Ice coffee)
昨日は暑かった。

行きつけのドトールで今年初のアイスコーヒーで一服。

2009年5月20日 (水)

新型インフルエンザ

外出時のマスク着用
帰宅時の手洗い・うがい励行

ソレ、ずっとずっと前からやってるよ。
うんうん。

2009年5月19日 (火)

ぱっぱちゃん?

私のブログのURLにもなっている「patpatchung」にはちゃんと意味が有る。

この綴りをMacのスピーチ機能で読み上げさせると「ぱっぱちゃん」に聞こえるのだ。(笑)

最初いろいろと試したのだが、何故かこの綴りが一番音が近くなる。

それにしても...何故私の名前は「ぱっぱちゃん」になったんダロ?

2009年5月18日 (月)

ティザーブログ?

新型レガシィのティザー広告の話しは既にした。

ならば私もティザーブログでもしてみようと思う。(笑)
要は本題を伏せてブログの予告をするのだ。

私は最近ある映画にハマっている。
もう既にサントラも購入してヘビーローテーション中だ。
挙げ句に劇中のファッションまで真似しようと企んでいる。
恐らくその映画の属するジャンルでは最高傑作と断言出来る素晴らしい映画だ。

映画本編とサントラの2話に渡ってブログをアップする予定だ。

兎に角映画評のブログ故に気合いを入れて書くつもりだ。

何時かね、何時かきっと...

2009年5月17日 (日)

次期レガシィのCMに思ふ

次期レガシィのCMが徐々に始まっている。

完全予告編である「LEGACYティザー」篇から、チョイ見せである「Love Your Life」篇へと移行し、消費者の心へと忍び寄っている。(笑)

そして何と、新型レガシィの国内広告キャンペーンにあのロバート・デ・ニーロ氏が起用された!

投資家向けのIRニュースによれば日本企業のCM出演は初だそうだ。

う〜ん、久々に素晴らしい人選と言わざるを得ない。
かつて私はキャラクターに頼ったCMは如何なものかと苦言を呈した男だ。(笑)

しかしデ・ニーロなら別だ。

あの「ゴッドファーザーPART IIの」である。
あの「タクシードライバーの」である。
あの「レイジング・ブルの」である。

私的に言わせれば、あの「未来世紀ブラジルの」である。(笑)

過剰なまでの役作りで知られる名優中の名優である。

富士重工業=スバルの並々ならぬ意欲・決意が感じられるではないか。
そしてレガシィの車格が遂にココまで来た証でもある。

Wikipediaによれば、氏は広告には殆ど出演しない事で知られている。
唯一のCM出演は、生まれ育ったマンハッタンのトライベッカ近くに本社を置き、トライベッカ映画祭に協賛しているアメリカンエキスプレスのCMだそうだ。

自身の多大な影響力を鑑みれば当然と言えば当然だし、信念の男は金などでは決して動かない筈だ。

そんな氏がスバルのCMに出演するのは、スバルの車創りの信念に共鳴したからだと信じたい。
まさか米国向けSUVの車名が「トライベッカ」だからじゃないよね?(笑)

いずれにせよ、私の中の新型レガシィ評価はうなぎ登りである。(笑)
株の買い増しを真剣に検討するぱっぱちゃんであった。

2009年5月16日 (土)

エコポイント?

詳細未定で見切り発車した感の強いエコポイント制度。
そのエコ度も甚だ疑わしいが、それ以前に買い替えがそれ程エコなのか?という疑問がわく。

例のトヨタのエコ替えCMには唖然としたが、同等の違和感を感じざるを得ない。

果たして日本人の美徳としての「勿体無い」という意識は何処へ行ってしまったのか?

2009年5月15日 (金)

ネット証券ダービー?

私は一応投資家だ。
雀の涙程の小銭で株式投資をしている。

株式売買には証券会社に口座が必要だ。
現代ならネット証券が隆盛を極めている。

Macユーザーにとって、ネットトレードは一つの鬼門となっている。

殆ど全てのネット証券はWindows環境しかもWebブラウザとしてIE(インターネットエクスプローラー)の使用が前提となっているのだ。
MacからSafariでアクセスしても機能しなかったり、最悪門前払いもあり得る。

以前にも書いたが、私は「闘うMacユーザー」だ。(笑)
Macを無視するカイシャと闘い、Mac寄りなカイシャを応援する。

果たして一番Mac寄りな証券会社は何処なのか?
今もそれを模索中だ。

現在私は証券会社4社に口座を開設して、使い勝手をこっそり調査している。

ログインのし易さ、HPレイアウトの崩れ、トレードツールのMac対応、株価ボードの自動更新等々、実は各社各様なのだ。

その内詳細な比較表でもぶち挙げて、Macを蔑ろにする会社を糾弾したいものだ。

何時かね、何時かきっと...

2009年5月14日 (木)

ある季節?

暖かくなった。
夜でも少し歩けば汗ばむ程の季節だ。

流石にもう「例のブルゾン」を着る機会は無くなった。
だいぶ無理して着ていたのだが、暑くて遂に観念した。(笑)

シーズン中の活躍を労いながら、ラナパーでお手入れだ。
そして来シーズンまでしばしのお別れ。

本当に良く着たなぁ...
っていうか、コレしか着てないし...(笑)

来シーズンはもっと似合うようにこれからも筋トレに励もう。

2009年5月13日 (水)

絶望の淵で思ふ

R0016201ひょんな事から代車に乗る機会があった。
スバルが軽自動車開発から撤退後にOEM車を提供してくれるカイシャの車だ。
否が応にも意識せずには居られない。

これは低価格に挑んだ廉価モデルだと言い聞かせて乗り込んだ。


R0016200剥き出しの鉄板、何故かプラスティッキーなインパネ...いや、我慢だ。
エンジンをかける...電気按摩でも仕込んだかの様なハンドルの微振動...いや、我慢だ。
軽快に発進するもクツワムシの様なガシャガシャしたエンジン音...絶望...(笑)

スズキアルト47万円ショックが蘇った。
コストを削減するという事は、惨めで貧乏臭い思いとのドレードオフということを私に教えてくれた。

残念ながら私の軽自動車ライフは現在のR2で終止符が打たれる運命にありそうだ。

2009年5月12日 (火)

シネマブロガー?

先日、映画スラムドッグ$ミリオネアを観に行った事はお話しした。
私なりの感想を書いたつもりだ。

何故か他の人はどう感じているのか知りたくて、ブログを検索してみた。
私は別の意味でぶっ飛んでしまった。

映画を扱うブロガーには何と論客の多い事か!

故.水野晴郎氏も真っ青な、誠に造詣の深い、機智に富んだ記事が目白押しだ。(笑)

私が今迄に書いた映画関連の記事を全て削除したくなる程に、ゲージュツ的な論展には唖然とするばかりだ。

映画は深いね〜。

ま、世の中に一人位おバカな映画評をするブログがあってもいいんじゃない?
土俵際で何故か開き直るぱっぱちゃんであった。(笑)

2009年5月11日 (月)

再びシャイニング?

Photo「スタンリー・キューブリック監督:シャイニング」

GWの最終日だった。
自力で修理した外付けHDの肩ならしがてら方々に散らばっていたDVDのバックアップを集約してみた。
総勢160GBのイメージファイルが集まった。
エラーチェックを兼ねてたまたま開いたのがこの映画だったことが悲劇の始まりだった...

結局最後まで観てしまった。(笑)

怖い、怖過ぎる。
残虐なシーンなど殆ど無いのに、何故にこんなに怖いのか?
そして何故にこんなに怖いモノ見たさをソソルのか?(笑)

ウィキペディアに興味深い一文を発見した。

『ロンドン王立大学の研究チームによると、数学的計算による世界最高のホラー映画であるという。』

恐怖なんて人それぞれ感受性も違うだろうし、眉唾モノではあるけれども、少なくともこの映画が一番怖いと思っている人が私以外にも居る事に何故か安堵した。(笑)

しかし...これだけ何度も観返していたら、そのうちホテルの壁に掲げられた旧い写真の中に入っちゃうんじゃないかな...(爆)

2009年5月10日 (日)

もうひとりのスティーブ?

Woz「アップルを創った怪物/もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝」

Apple Computer Inc.(当時)は「ふたりのスティーブ」によって創業されたことは有名だ。

ひとりは私が神と崇めるスティーブ・ジョブズ氏
もうひとりはこの本に登場するスティーブ・ウォズニアック氏だ。

正直に告白しよう...

ウォズニアック氏がApple創業者じゃなかったら、最初の数章で本を投げ出していたに違いない。(笑)
もう自慢話ばっかりなのだ。
特に度を超したイタズラ自慢には辟易した。
私はイタズラが大嫌いなのだ。

Apple信者として、歯を食いしばって読み続けた...ある望みを託して...

「やがて神様が登場する」という望みだ。(笑)

そして勿論スティーブ・ジョブズ氏との出会いも語られている。
どうやら神様は輪をかけてイタズラ好きらしい。(爆)

不思議な事にウォズニアック氏はどうにも好きになれなかったが、ジョブズ氏はキライにならなかった。(笑)

私の知る限りジョブズ氏はイタズラ自慢をした事は無いし、ましてやそれを得意げに自伝にはしないだろうと思っている。
立場が人を作るとは良く言ったもので、AppleのCEOとして、アメリカいや、世界を代表するカリスマ経営者は分別のつく「大人」な筈だ。

この本に救いがあるとすれば最終章だけだ。
もうひとりのスティーブが愛され尊敬される理由がやっと分かる。(笑)

手の届かぬ雲の上の人には間違いない。
天につば吐く行為なのは百も承知で氏に申し上げたい。

貴方のイタズラはジョークに疎い日本人には犯罪としか思えない。(笑)

2009年5月 9日 (土)

やっぱりシリコン

Rtmkc2w「RT-MKC2/W / Apple Keyboard(テンキー付き/JIS)用シリコンキーボードカバー」

待ちに待ったキーボードカバーの登場だ。

恐らく自動車のハンドルよりも、通勤鞄の持ち手よりも、手に触れる機会の多いはキーボードだ。(笑)

素材は絶対シリコンに限る。
ビニル系は直ぐ伸びて密着しなくなるし、耐久性も劣る。

シリコンバレー発祥のパソコンのキーボードは、やっぱりシリコンカバーをかける運命にあるのだ。(笑)

実際、装着したときの吸い付く様な一体感はシリコンならではだ。
コイツが発売される迄の間、汚れやしないかと、もう気が気じゃなかった。(笑)

因に製品の売り文句に「Windows-Keyがシルク印刷されている」と高らかに謳われている。
何度も言うが、コレばっかりは余計なお世話だ。(笑)

2009年5月 8日 (金)

GW総括

私が掲げたこのGWにやりたいことを総括するとこうなる。

◎映画鑑賞
×長距離ドライブ
○読書
△ブログの書き溜め
×写真撮影
○例のブルゾンの着納め
×パソコン関連の整理
△録画ビデオの整理
×ウォーキング
○グルメツアー
××早寝早起き

4勝5敗2分け?

2009年5月 7日 (木)

焼肉屋にITの波を見る?

久しぶりに焼肉屋へ行った。
炉端焼き風のカウンター席もある、居酒屋コンセプトの店だ。

陳腐なコンセプトとは裏腹に、各席に大型タッチパネル液晶のワイヤレス端末が置いてある。
その端末でオーダーが出来ると言う訳だ。

ソレ系が好きな私は大喜びでオーダーを入れてみた。
丁度ネットショッピング感覚で上牛カルビだの豚トロだの選ぶのだ。(笑)

日頃Appleストアを始めアマゾンや楽天を日常茶飯事に使う身にとっては、UIのロジックに多少違和感はあったが、まあまあのデキだと思う。

注文が決まったら、呼び出しボタンで呼ぶというアイデアもずば抜けて素晴らしいが、もう呼ぶ必要すら無くなってしまったのだ。

店舗へ出向いている事、支払いがネット経由でない事以外は既にネットショッピングそのものではないか?
注文した物が宅配便で届くか、店員が運んでくるか、なんて大きな違いではない。

廻らない寿司屋の相対の「粋」とは対極にある、人間味不在のコンセプトだ。

そんな店に居心地の良さを感じるぱっぱちゃんは、やっぱりネット人間であることを認めざるを得ない。(笑)

2009年5月 6日 (水)

財布購入

R0016195_2
「丸善文房具オリジナル/フルコード札入れ・黒」

探し求めていた納得のいく財布がやっと見つかった。
良い革を使った、永く使えて、愛着の湧く逸品。

素材はブライドルレザーかコードバンに決めていた。

どちらも使い込む程に味が出る高級皮革だ。

決め手は「フルコード」だった。
コードバンは素材として高いので、大抵表革のみで、内革は別の革が使われる事が多い。
しかしコイツは内革までコードバンなのだ。

一見ビニールと間違える位、肌理の細かいツルツルの手触り。
まだ硬く角の立った状態だが、やがてポケットの中で、自分の体の形にフィットする迄に熟れて来た時こそ、皮革製品の愛着が最高潮に達するのだ。

良い革はソコからの保ちがいい。

ぜひコイツが熟れてきた頃に又紹介したいと思っている。
その頃迄このブログが続いていたらの話しだが...(笑)R0016196

2009年5月 5日 (火)

踊るミリオネア?

「スラムドッグ$ミリオネア/ダニー・ボイル監督」

第81回アカデミー賞最多8部門受賞の話題作だそうだ。
最初に言っておこう...期待し過ぎは禁物だ。(笑)

例によってストーリーには一切触れない。(笑)

完全無欠のラブストーリーだ。
だから、運が良過ぎる、とか、意外とこぢんまりしている、とか、全く関係ない。(笑)

「愛」の元では全てが「運命」という名の「必然」なのだ。

今となっては「ハリウッドじゃない」ことは重要だ。
膨大な制作費と、緻密で無駄の無い脚本と、目を見張る技術はあるけど、何故か情熱もアイデアも感じられない佳作に辟易しているクチには尚更だ。

インド映画(実際には英国映画)のお約束の大団円に違和感を感じつつも、結構スッキリとした気持ちで映画館を後にしたぱっぱちゃんであった。(笑)

2009年5月 4日 (月)

軽くゴッドハンド?(笑)

Hd_minihub「LaCie mini Hard Drive & Hub」

Mac mini用の外付けHDの調子が悪くなった。
ドライブがデスクトップにマウントされなくなり、ディスクユーティリティでの修復も初期化も出来なくなった。

症状からハードディスクの故障もしくは寿命と推測される。

保証期間がとっくに過ぎたコイツの場合、買い替えが妥当な選択だ。

だが、一度でもパソコン等からハードディスクを取り出した事がある人なら、その取り付け原理が異常にシンプルな事に気づく筈だ。

どんな容量、どんなメーカーであろうと、規格さえ一緒ならばネジ穴も端子も万国共通なのだ。

DOS/Vショップで安いバルクのHDを買って来て自分で修理しちゃえ!

てな訳で、無事修理完了。(別に自作派ブログじゃないんで作業は割愛)
元は250GBだったけど、320GBへ容量アップのオマケつき。(笑)

保証期間中は論外だが、工業製品は一度分解してみると良い。
そのメーカーの本性が分かるから。(笑)

LACIEはともてキレイで丁寧な設計だった。
基盤やHDの取り付けに手抜きが無く、工作精度もピッタシだ。

これなら、何度HDの寿命が来てもずっと使い続けられそうだ。

2009年5月 3日 (日)

逝去を悼む

ロックシンガーの忌野清志郎さんが亡くなった。

別にRCサクセションの大ファンという訳ではない。
もともと余り邦楽は聴かないし。

でも、「雨上がりの夜空に」「パパの歌」はカラオケのレパートリーだったりする。

やっぱり凄い人だったんだと熟思う。
何と言うか、歌声に、曲調に、哀愁を感じるシンガーだった。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

2009年5月 2日 (土)

畳み掛けの極意?

Optical_porschedesktop「LaCie DVD±RW with Lightscribe, Design by F.A. Porsche」

外付けのDVDドライブである。

初めてCD-Rにデータが焼けるようになった時は感涙モノだった...
更にCD-RWで書き換えも可能になって、また涙...

それがDVD±Rにデータが焼けるようになって、
更にDVD±RWで書き換えも可能になって、
トドメにDLで二層式にも対応した。

技術の進歩は留まる事を知らない。

極めつけにレーベル面にレーザー刻印できるLightscribe機能まで搭載したのがこのドライブだ。

もう涙腺が幾つあっても足りない。(笑)

更にだ...更にポルシェデザイン!

参りました。

2009年5月 1日 (金)

ToDo

このGWにやりたいこと。

○映画鑑賞
○長距離ドライブ
○読書
○ブログの書き溜め
○写真撮影
○例のブルゾンの着納め
○パソコン関連の整理
○録画ビデオの整理
○ウォーキング
○グルメツアー
○早寝早起き

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31