フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 新型iPhoneの雑感 マルチタスクなNIKE+編 | トップページ | iPhoneのケース番外編「皮革製品というもの」 »

2009年7月30日 (木)

新型iPhoneの雑感 ケース編

Piel Frama leather case (press stud button type) for iPhone 3G Black/Tan [Open]
Piel Frama レザーケース(ボタンタイプ) for iPhone 3G

最高のガジェットには最高のケースを。

iPhone 3GではPiel Frama レザーケースを使用していた。
縦開きのフリップが内蔵マグネットでピタッと閉じる心地よさは、MacBook Airのそれに匹敵し、最高のお気に入りだった。

しかし...iPhone 3GSの新機能「デジタルコンパス」は磁気干渉を嫌う。

ダメもとでケースに入れてみると、モノの見事にiPhoneにお叱りを受けた。(笑)

iPhone magnetic interference

全く使えない訳ではない...フリップを固定して再調整すれば機能してくれないこともない。(笑)
しかし磁石部分を動かせばコンパスが大きく干渉を受けてしまう。

磁気フリーな新型ケースを調達する必要があった。

条件は明快だ。
 1.皮革製であること。
 2.PASMOでタッチ&ゴーが出来ること。
 3.iPhoneの気品を損なわないこと。

簡単そうだが、実は要件を満たすケースは殆ど無い。
「皮革製」と謳っていても、iPhoneの固定部分がプラスチックだったり、粘着テープでの貼付けだったりするのだ。
大きなディスプレイやセンサー部分やボタン類を塞がずに皮革だけで固定するには非常に高い技術を要する。

結局スペインの革職人に頼ることにした。(笑)

Piel Frama leather case (press stud button type) for iPhone 3G Black/Tan [Face]

磁石に代えてスナップボタンで留めるタイプだ。

誠に残念だが、私はスナップボタンが大嫌いである。

一流ブランドのシステム手帳やカバンの留め具を想像して欲しい。
間違ってもスナップボタンなんか使ってない筈だ。(笑)

Piel Frama leather case (press stud button type) for iPhone 3G Black/Tan [Back]

Piel Framaが何故スナップボタンを選択したのか理解に苦しむ。

まあ、文句はあるものの、やっぱり現状でのベストな選択だったと思っている。

因に、嬉しい報告がある。
このケースは余程売れているのだろう...前回より明らかに作り慣れて細部のクオリティが更にアップしている。(爆)

果たして、スペインの革職人達に「世界一エレガントなガジェット」のケースを作っている自負があるのかどうかは分からないが、最高の仕事をしている事は間違いない。(笑)

« 新型iPhoneの雑感 マルチタスクなNIKE+編 | トップページ | iPhoneのケース番外編「皮革製品というもの」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230947/30748806

この記事へのトラックバック一覧です: 新型iPhoneの雑感 ケース編:

« 新型iPhoneの雑感 マルチタスクなNIKE+編 | トップページ | iPhoneのケース番外編「皮革製品というもの」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31