フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

Apple新製品の噂

Appleが9月1日に「特別イベント」を開催するらしい。

一部報道機関へ送られた案内状のデザインから「音楽関係のデバイス」が発表されるのではないかと言われている。

もうタコが出来る程に耳にするAppleの秘密主義。
お陰で好き勝手な憶測が飛び交っているようだ。

曰く新型iPodらしい。
曰く新型Apple TVらしい。
曰く新しいiTunesのサービスの発表があるらしい。

まあ順当な予測ではある。
しかし、これなら騒ぐ程のものではない。

一つだけ、以前から真しやかに噂されていた気になる予測がある。

新しいMacBook Airが発表されるらしい。

これは思いっきり気になる。
果たして例のカエルは登場するのか?(笑)

Photo_2

2010年8月30日 (月)

美味しさ絶対値

「クリスピー・クリーム・ドーナツ」

私のブログが正しければ約二ヶ月ぶりのクリスピーだ。

夏休み最後の日曜日とあってショッピングセンターは大変な賑わいである。
これじゃぁさぞや長い行列が..........無い。(笑)

モノの見事に行列は無く、店に入ったと同時に注文と相成った。
これじゃぁ出来立てフワフワの試食は..........無い。(笑)

失意のどん底のバカ夫婦に追い討ちをかける様に店内の告知を発見した。

「2010年8月末にオリジナル・グレーズドの無料サンプルを終了いたします。」

え?!あのツライ待ち時間の労をねぎらう出来立てドーナツは食べられないの?!

え?!その最後のチャンスを行列が無いが為に不意にしちゃったの?!(笑)

何で日本人はこうも飽きっぽいかねぇ。
いや、確かにこの暑さじゃドーナツ喰う気にはなれないか...

例え流行り廃りがあろうとも、オマケの無料サンプルが無かろうとも、旨いモノは旨い。

お空の雲の様にフワフワで、絵にも言われぬアマアマな、オリジナル・グレーズドは死ぬ程旨い。
香ばしいローストの珈琲はスタバ級に旨い。

旨いったら、旨いの!!

誰にもぶつけられない怒りを持て余す単細胞なぱっぱちゃんであった。

Photo

2010年8月29日 (日)

ムシムシ大行進?

所用があってとある大学へ行った。

広いキャンパスでは蝉が騒がしく鳴いていた。
そういえば久しく蝉の声なんて聞いてなかったなぁ...

車を降りて暫し聞き入っていた。

二の腕に痛痒さを感じてパチリと叩く。
血をいっぱい吸ったヤブ蚊を仕留めた。
刺された後が大きく腫れて痒い痒い。
この感覚も実に久しぶりだったりする。

車に戻ると開け放しのドアから入ってしまった訳の分らぬ羽虫がブンブン飛び回ってる。

やっぱ虫は嫌いだ...(笑)

Photo

2010年8月28日 (土)

次期カーナビ導入報告・機種選考編2

Photo
「carrozzeria サイバーナビ AVIC-ZH9990/パイオニア株式会社」

今回のカーナビ選考に当たっては最終的に3社が残ったこと、そして選定の決め手もお話しした。

折角詳しく調べたんだし、ぱっぱ視点で各機種をご紹介したい。

●イクリプス:AVN7500
最大の魅力はGPSアンテナがフィルム化されてスッキリ取り付けられること。
またフルセグチューナーだけでなくBluetoothモジュールも内蔵されていて機能の集積化はピカイチだ。
カーナビでCDを録音するつもりは無いので、HDD非内蔵は弱点とはならなかった。
そして前愛機AVN5510Dでその耐久性、使いやすさは実証済み。

落選ポイントはサブウーハー出力端子が無かったこと。BOSEのサブウーハーは必須なのだ。
またiPhoneとの親和性が低く、ビデオ再生は不可だった。
液晶ディスプレイのバックライトがLEDじゃないのも今時ど〜なのよ?である。
自慢の地図差分更新にはWindows PCが必須って何だかなぁ...
そして惜しむらくは上位機種はWorks with iPhoneですらないという企業姿勢かな。(笑)

●アルパイン:VIE-X08S
実は今回の大本命はコイツだった。
何よりiPhoneとの親和性が素晴らしい。
音楽・映像再生は勿論だし、ジャケットのアートワークも表示される凝りようだ。
各車種ごとのサウンド設定データを用意し、カーオーディオメーカーとしての音質への拘りはピカイチだと思う。
そしてPCを使ったサービスがなく、結果的にMacユーザーを蔑ろにしない企業姿勢も素敵だ。(笑)

落選ポイントはボタンのイルミ色が白色のみで変更出来なかったこと。
もしカロッツェリアの「反則技」さえ無ければ弱点にはならなかったかも知れない。
音場測定マイクを使ったオートセッティング機能がないのもカロッツェリアに比べ見劣りしてしまった。
スピーカーはADDZESTのSRT1253をそのまま流用するので、実測値でのセッティング機能が欲しかったのだ。

●カロッツェリア:AVIC-ZH9990
既述の通りイルミ色のカスタマイズ機能でアルパインを蹴落とした。(笑)
それは紛いも無い事実だが、もっと本質的な選定要因がある。

カーナビゲーションメーカーとしての拘りがハンパじゃないのだ。

各メーカーがしのぎを削るプロダクトでは、他社との比較で機能・性能を設計しがちである。
所謂ドングリの背比べ状態である。
しかし、コイツは唯我独尊、他社なんて全く眼中にない。
もう自分達の作りたい様に作ってて、清々しい位に突き抜けちゃってる。(笑)

どこかAppleやSUBARUやBOSEに通ずる「何か」を感じたのだ。

しかし...自慢の機能の多くがWindows PC前提なのがいただけない。
Macユーザーの場合、機能の半分は無用の長物となり、指をくわえているしかない。

私は闘うMacユーザーだ。
買わずに文句を言うのも何なので、敢えて購入した上で文句を言う。(笑)
これから当ブログでハッキリと言いたいことは言わせてもらうつもりだ。

何時かね、何時かきっと...

Photo

2010年8月27日 (金)

次期カーナビ導入報告・機種選考編

Photo
「carrozzeria サイバーナビ AVIC-ZH9990/パイオニア株式会社」

今回のカーナビ選考に当たっては最終的に3社が残った。

イクリプス:AVN7500:以下E
アルパイン:VIE-X08S:以下A
カロッツェリア:AVIC-ZH9990:以下C

重視したのはiPhoneとの親和性と愛車R2とのフィッティングそしてMacフレンドリーだ。

それは即ち...
●iPhoneを接続出来てその機能を最大限活かせること。
●愛車R2のインパネに溶け込み、極力目立たないこと。
●Macユーザーを蔑ろにしないこと。

各社各様それぞれに一長一短があり、選考は極めて難航した。

iPhoneとの親和性なら A>C>E の順となる。
R2との相性なら E>C>A の順となる。
Macフレンドリーなら A>E>C の順となる。

お気付きの様にカロッツェリアは一位がない。(笑)
にも関わらず最終的に選定されたのにはある決め手がある...

イルミネーション(本体のボタンの色)をRGBで細かく設定出来るから。

例え気の利いたメーカーであってもイルミの色は2〜4色の切り替え式が普通である。
愛車のインパネの色味とビミョーに違っても我慢するしかない。
しかしコイツは色味の微調整が出来てピッタリ合わせられる。

そんなこたぁど〜でもイイ人にはど〜でもイイことかも知れないが...この異様な拘りがぱっぱちゃんの心に響いたのだ。(笑)

そしてカロッツェリアを擁するパイオニアは、かつてMac互換機を作っていた歴史がある。
いわばAppleの盟友だったのだ。(最後はほぼ喧嘩別れだったけど。)
これはポイントが高い。(笑)

Photo

2010年8月26日 (木)

苦戦

先日来始めた「お絵描きかるたシリーズ」は相変わらず苦戦が続いている。(笑)

何が苦戦かって、勿論下手クソな絵も然りなんだけど、もっと驚くべきコトがあるのだ。

それぞれの頭文字で、例えば「お」のかるたは何を描こうか全く思い付かない。

一寸洒落にならない位に出て来ない。

これじゃシリトリなんてしたら直ぐに負けちゃいそう。(笑)

ぱっぱちゃんの試練は続く...

Photo_2

2010年8月25日 (水)

牛久大仏が笑っちゃう位デカい件

まだまだ続く暑さに負けない元気が欲しい。
ならば笑いは元気の元、何か笑えることは無いだろうか?

するとたまたま連れが観たテレビで『牛久大仏がデカくて思わず笑っちゃう』と言っていたという。

新しいカーナビの慣らしも兼ねてドライブへ出掛けることにした。

渋滞も無く快適至極、あっという間に目的地へ到着。

R0019743

..........で、デカい...

かつてお台場の実物大ガンダムを目の当たりにした時も笑うしか無かった。
それは架空のアニメの話を実際に作っちゃった奇想天外さとでも言おうか。

しかし大仏ならば鎌倉にも奈良にも大きいのが既に存在する。
それでもやっぱりこの大きさは奇想天外なのだ。(笑)

大仏様を笑うなんて不謹慎と叱られそうだが、観ればきっと笑える。

R0019845

全長120mだよ?120m!

正直なところ...信心深くなくて尚かつガンダム世代なぱっぱちゃんにとっては、実物大ガンダムの方が有難味を感じてしまう。(笑)

でもねぇ...このデカさは反則技だよ。

何か十分に元気を頂きました。ホントに。

Photo

2010年8月24日 (火)

次期カーナビゲーションシステム導入報告

Photo
「carrozzeria サイバーナビ AVIC-ZH9990/パイオニア株式会社」

我が家のカーライフの平和を担う次期カーナビの機種選定が終了し無事導入された。

非常に急なスケジュールの中ではあったが、最良の選択だったと自負している。

即実戦配備されたはいいが、正直まだ使いこなせず歯痒い思いをしている。
機械モノには矢鱈に強いこのぱっぱちゃんがである。(笑)

カーナビともなれば、そのUI(ユーザーインターフェイス)も含めて一つのパソコンに等しい。

今回、メーカーを変えたことは、パソコンのOSをMacintoshからWindowsへスイッチしたに等しい位のカルチャーショックがある。

前機種を丁度10年使い倒した後だけにそのギャップは果てしなく大きいのである。

もう、ブログに新しいカテゴリーを加えてもいい程にカーナビは奥深い。
これからじっくりと当ブログで紹介していきたい。
Photo

2010年8月23日 (月)

盆と正月?

いや〜、忙しい。
週末にあるモノを購入したんだけど、使いこなすのに相当努力が必要そうだ。

そのうちブログでも紹介したいけど、ぱっぱちゃん的に納得するのに相当時間が必要そうだ。

Photo


2010年8月22日 (日)

暑さは続く...

もうカニみたいに真っ赤に茹で上がりそう。(笑)

Photo_2

2010年8月21日 (土)

う〜ん、この脱力感は...

「eriQoo.com」

ニュース番組WBSで紹介されていた。
弱冠25歳の天才CEOが起こした、ランキングに特化した検索サイトらしい。

8月20日の正式オープンに合わせてお手並み拝見とばかりに利用してみた。

う〜ん、鳴り物入りの割にこの脱力感は何なんだろう?

『買ってよかったデジタルオーディオプレーヤー(MP3プレーヤー)は?』
一位:NOMAD MuVo (クリエイティブメディア)
二位:MDM-H205R (アイ・オー・データ)

『買ってよかった車(RV&ワゴン)は?(2010年度)』
一位:ホンダ・アヴァンシア
二位:トヨタ・ビスタアルデオ

まあ天命に誓ってこのランキングはアテにならないことは間違いない。
どこをどう切り取ればこういう結果が出てくるのか別の意味で興味は尽きない。(笑)

立ち上げ早々であり、今後ブラッシュアップされて行くんだろうけど、時代を変革する一大ムーブメントには成り得ないだろう。

真に革新的な技術は(初期のGoogleがそうであった様に)一瞬にしてその成功を予感させる「何か」を持っているものだ。
何ていうか、近づけるだけで切れてしまいそうな異様な「キレ」とでも言おうか。

いきなりメッタ斬りしちゃったけど、一寸微笑ましいランキングも発見した。

『買ってよかった軽自動車は?』
一位:スバル・ヴィヴィオ
二位:スズキ・エブリィワゴン

う〜ん、ナイス!(笑)

Photo

2010年8月20日 (金)

週末は忙しい...

今週末は大きなイベントが待っている。

只今その準備に忙殺されている。

疲労で目の下にクマが出ないよう気をつけなきゃ。

無理矢理なコジツケに後ろめたさを感じるぱっぱちゃんであった。(笑)

Photo

2010年8月19日 (木)

まだまだ暑い...

立秋を過ぎたが、まだまだ暑い。
知らぬ間に体調レベルが落ちないよう摂生せねば。

歳を喰って唯一進歩したことといえば...暴飲暴食をしなくなったこと。(笑)

涼やかな秋風を首を長くして待つぱっぱちゃんであった。

Photo_2

2010年8月18日 (水)

自画像

Photo

2010年8月17日 (火)

次期カーナビゲーションシステム導入計画

実は長年愛用して来たカーナビの調子が悪い。
操作ボタンの反応が悪くなり、いうことを利かないことがある。
心なしか音声ナビも自信なさげに聞こえる。(笑)

俄に次期カーナビゲーションシステム導入計画が浮上してきた。

以前にもiPhone、iPodのダイレクト接続がしたくて買い換えは考えたことはある。
しかし、ナビの調子は良かったし、現行機種のほぼ全てが採用するタッチスクリーンにも抵抗があったので思い留まっていた。

事態は急を要する。

方向音痴と地図読み下手なバカ夫婦がカーナビを失うことは、即ち平和なドライブを失うことでもある。
カーナビを買うまでにどれ程の大喧嘩をしたことか...(笑)

厳しい日程の中で急遽第一回機種選定会議が開かれた。
少なくともこれから先5年は常用することになる最重要案件である。

先を見据えた機能、性能等の要求基準を精査しなくてはならない。

導入の暁には当ブログでお披露目したいものだ。

何時かね、何時かきっと...

Photo_3

2010年8月16日 (月)

焼き鳥屋にて

近所の焼き鳥屋へ行った。

ぱっぱちゃんは焼き鳥が大好き。

何でこの世にはこんな美味しい食べ物があるんだろうね。

レバー、ハツ、ネギマ、皮、ナンコツ、つくね、もも、ぽんちり、ささ身、ネック、砂肝、etc...

もうフガフガ言いながら食べる食べる。(笑)

お酒は飲まないので、早めに焼きおにぎりを頼んでセットの鶏スープをズルズル。

嗚呼、至福の一時。ウンウン。

で、焼き鳥の絵は...無い。(笑)

Photo_2

2010年8月15日 (日)

史上最強の棄てメール?

「Hotmail/Windows Live」

ネットを長くやっていれば、胡散臭い奴とメールのやり取りをしなきゃならない時もある。

或はコンピュータウイルスに全く無頓着なWindowsユーザーと連絡を取らなきゃならない時もある。

そんな時...間違っても大切なメアドなど教えてはならない...瞬時にスパムメールの嵐が吹き荒れること必至である。

そんな時は「ど〜でもいい」棄てメールがあると非常に便利である。
トカゲの尻尾切り宜しく鬱陶しくなったら無かったものとして闇に葬り去ればいい。(笑)

常時10個のメールアドレスを使い分けるぱっぱちゃんの其れには歴然としたヒエラルヒーが存在する。
言ってみれば.macを頂点としてHotmailを最底層とする階級付けだ。

以前は更にこの下に無料のWebメールも存在したが使い勝手が悪くて使わなくなった。
というかHotmailの使い勝手が頗る宜しいので必要なくなったのだ。

初期にはWebベースだった筈のHotmailも今やPOPをサポートする一端のメールサービスへと成長した。
もうフツーにOSXのMailで送受信出来ちゃうのだ。

たまにMicrosoftから来るお知らせメールを全て迷惑メールに分類してたら、それすら来ないクリーンなアドレスになった。

有り難や有り難や...

感謝の念を忘れない恩知らずなぱっぱちゃんであった。(笑)

Photo_2

2010年8月14日 (土)

シェイプアップ計画

シェイプアップって言ったってメタボ対策ではない。(笑)
我が家の不用なモノを処分して部屋を広く使いたいのだ。

ただ棄てるのは簡単だが、まだ使えるものをゴミにするのは勿体ない。

そこでネットオークションで地道に出品している。
まだまだ始めたばかりだが出足は好調である。

使わずに眠っていたモノが再び日の目を見るのは何故かいい気分だ。

で、最近始めたかるたシリーズのヘタ絵が貯まって来たので早速使うことにした。
これもある意味再利用みたいなものだ。(笑)
Photo

2010年8月13日 (金)

ぱっぱちゃんかるたシリーズ?

タブレットの特訓は続いている。
もう上手い絵をかくことは完全に諦めた。(笑)

兎に角初志貫徹、頭に浮かんだことが瞬時に描けることを目指すことにした。

で、始めたのが「かるた」作りだ。

言い訳するつもりは無いけど、他人が何か分らなくても全く構わない。(笑)
究極の目的は、自分自身さえその絵を見て記憶を呼び起こせればOKなのだ。

現実に忠実なのではなく、自分の記憶に忠実な絵を目指している。

そして...何時かこの壮大な計画をご紹介する日が来ることを願っている。

何時かね、何時かきっと...

Photo

2010年8月12日 (木)

ブランドイメージ

「シャープ」

スーパーこだわリスト=ぱっぱちゃんのブランド観をほんの少しお披露目したい。
ハッキリ言って可成り辛辣な物言いになるかも知れないがご容赦いただきたい。

初めてシャープ製品を意識して購入したのは日本語ワードプロセッサ書院だと思う。
変換精度、登録単語数、使いやすさ、何れもピカイチだった。
何と言っても、コイツにモデムを挿してニフティーサーブに接続したのが私のネットデビューだ。(笑)

しかし...製品のディテールの安っぽさは如何ともし難い。

あるとき兄弟が使っているソニーのワープロ(プロデュースとかいう名前)を見せてもらった。
訳の分らない記憶媒体を使った如何にもソニー的な製品だったが、その細部の高級感に衝撃を受けた。

いや、正確には相対的にシャープの安っぽさに衝撃を受けた、と言うべきか。(笑)

本体の蓋の構造を例にとれば...
シャープはプラスチックの爪を凹みにパチンと引っ掛けて止めるだけ。
方やソニーは複雑なバネやラッチを組み合わせてガチャリと閉まる。
例えが悪いが、ふすまとベンツのドア位違うのだ。(笑)

そして、その高級感の差は現在でも歴然と存在する。

決して安くはない液晶テレビのリモコンがどうしてココまで安っぽいのか?(笑)

言っとくけど嫌いなメーカーではない。
現に我が家の液晶テレビもブルーレイレコーダーも両開きの冷蔵庫もシャープ製だ。

しかしねぇ...一度本気でプラスチックの材質を勉強した方がいいかもね...同じ部屋の中でシャープ製品だけが異様に汚れるのはナゼ?(笑)

Photo_4

2010年8月11日 (水)

愚直にも程がある...

我が家の買って良かった物ランキングリストを作ったとしよう...

MacintoshやiPhone、スバルR2やBOSE、カーナビやbrAunのシェーバー、etc...
並み居る強豪に混じって上位に食い込むかも知れない逸品がある。

はぼき/エヌケーグループ販売㈱

通販番組や実演販売で欲しいと思わせるモノは多い。
しかしその大半は直ぐに飽きて使わなくなるのが関の山だ。

はたき+ほうき=はぼき

この小林製薬も真っ青な愚直なネーミングに秘められた圧倒的なテクノロジー。
いやホントに、見れば見る程に考え抜かれた構造に驚きを禁じ得ない。

材質(弾性)の違う2種類のブラシ
対象物を傷つけないシリコンゴム
吸気面積を分散させて誤吸入を防ぐ32本の吸気管
自在に吸気方向を変える弾力性

凄過ぎ

舶来のミレコロにも無理矢理つけて現役バリバリで活躍中。

Photo_3

2010年8月10日 (火)

うまウマ旨

「ニューヨーク チーズケーキ/スターバックス コーヒー ジャパン ㈱」

世の中に旨いモノは数多あれど、コイツの旨さは一寸比肩するモノが無い。

ウマ過ぎ。

口に入れると余りのウマさに思考停止してしまう程だ。(笑)

正にコーヒーブレイクにはもってこいだね。(笑)

Photo_2

2010年8月 9日 (月)

駄作量産体制?

Wacom Intuos4 Wireless PTK-540WL/K0Wacom Intuos4 Wireless PTK-540WL/K0

マウスやトラックパッドでのお絵描きに限界を感じていた。

これらはあくまでポインティングデバイスなのである。
アイコンを選択するとか、ドラッグ&ドロップするとか、メニューバーをプルダウンさせて項目を選ぶとか、そういう用途には史上最強の発明だと思う。

しかし、カーソルの軌跡が線となり面となる描画では分が悪い。

自分のお絵描きの下手さはきっと「筆」が悪いからだと思っていた。(笑)
正に弘法筆を選ぶのである。

そして満を持して、満を持して導入したのがコレだ。

「ペンタブレット」

操作面にペンで書いた軌跡がそのままディスプレイに反映される。
正に紙と鉛筆状態なのである。

欲張りなぱっぱちゃんはBluetoothでワイヤレス接続できるタイプを奮発した。
ファンクションキーの設定をディスプレイ表示するカッチョいいヤツだ。

で...実際のところ絵は上手くなったのか?

この期に及んで凄いことに気付いてしまった。
フツーに紙と鉛筆で上手く絵が描けないのに、ペンタブレットにしたからって上手くなる訳が無い。(笑)

あ、でも即興描きするには便利この上ないのは間違いない。
で、身の回りのモノを片っ端からヘタ絵にするぱっぱちゃんであった。(笑)
(↓ののじ壮快ソフト耳かきのつもり)
Photo

2010年8月 8日 (日)

またしてもぬか喜び

「ONTV JAPAN お好み番組メール」

電子番組ガイド(EPG)サービスを提供している無料のWebサイトだ。
ぱっぱちゃんもよく利用している。

自分の気になるキーワードを設定出来て、該当する番組が有るとメールで知らせてくれる。

私の設定キーワードは勿論こうだ。
「Apple、アップル、Macintosh、Mac、マッキントッシュ、OSX、iPhone、富士重工業、スバル」

当たり前だが殆ど検索に引っかかることは無い。

先日該当ありのメールが届いて、小躍りして開いてみると...

「日曜洋画劇場トゥームレイダー」?!

どうやら出演者の中にレーチェル・アップルトンなる女優さんが居て、アップルのキーワードに該当してしまったらしい。(笑)

とんだぬか喜びのぱっぱちゃんであった。
(↓はレーチェル・アップルトンの勝手なイメージ)









Photo_2

2010年8月 7日 (土)

Mac環境の泣き所?

圧倒的な使いやすさ、心地よさを誇る我らがMacintosh。
しかしマイナー故の弱点も無い訳ではない。

雑誌の切り抜きやCDのライナーノーツをテキストデータに変換したいことがたま〜に有る。
そういうときはOCR(光学文字認識)ソフトを使う。

実はMac環境には現役のOCRソフトが存在しない。
以前は数社から販売されていたんだけどいつの間にか消滅した。(笑)

唯一Adobe社のAcrobatにOCR機能が搭載されており、それが可成り高性能らしい。
でもフツーの一般人はAcrobat買わないし...

なぜ急にこんな話をしたかと言えば、所有するCDを全部売却するに当たり、付属の冊子の内容を文字データで取り込もうとしたのだ。

思惑はまんまと外れて、文字化は諦めざるを得ない。
まあ、OCRが在ったらあったで凄い面倒な作業なんだけどね...

Ocr

2010年8月 6日 (金)

ある布石...

Pls1410

「WBS-1VR II/BOSE」

我が家の音響を担うBOSEのステレオである。
とっくに販売終了した古い機種だ。
少し前にヤフオクで落札した。

実は既にWBS-1EXという一つ前の型を所有していた。
どちらもスピーカーはMODEL121で共通だし、見た目の違いは殆どない。

しかし、ある目的のためには大きな違いがあった。

今度の機種にはデジタル入力がついているのだ。
外部からのデジタル信号を劣化なく受け入れられる。

今まではMac miniのライン出力からBOSEのライン入力へ繋いでいた。
これはアナログ to アナログなので伝送途中で音質劣化のリスクが高い。
まあ我が家のMac miniにはデジタル出力がないので仕方がない。

しかしこれからはデジタル to デジタルで劣化なしの信号を入れられる。

音声信号の受け手であるBOSEのデジタル化は完了した。
じゃあ、渡し手のMac miniは??

ぱっぱちゃんの大いなる野望は既に始動している...(笑)

2010年8月 5日 (木)

エネループエアフレッシャー総括

Photo_2

SANYO(サンヨー)ポータブル空間清浄器 エネループエアフレッシャー(eneloop air fresher)CAF-VW10TG-K(チョコレートブラック)

一年近く愛用したコイツのミストが出なくなって修理に出した。

長距離ドライブの乾燥対策として導入したけど、日頃は殆どウチで使っている。
我が家は冬はオイルヒーター、夏はエアコンで乾燥気味なので、24hつけっ放しで使用している。
というか買ってから消した記憶がない。(笑)

水道水にはミネラルや不純物が含まれている。
ウチの様な集合住宅ではその傾向が強い。
本体の水を気化させる振動子はマグネシウム等が結晶化してよく詰まるのだ。
まあトイレの水回りにこびり付く水垢を想像いただければその頑固さはお分り頂けるだろう。
だから付属品のクエン酸で定期的に掃除する必要がある。

結構な頻度で清掃している。
取説によると詰まってからでは遅くて、詰まる前に清掃しろと書いてある。
手入れ好きのぱっぱちゃんは可成り真面目に清掃したつもりだ。(笑)

それでも1年保たなかった。
まあ、逆に保証期間内の無償で振動子が新品に戻ったのは不幸中の幸いか?(笑)

今は元気にミストを吐き出している。

ウイルスウォッシャーとしての機能は効いているのかどうかは判らない。
歳のせいか殆ど風邪などひかないが、それがコイツのお陰なのかは不明だ。(笑)

視覚的な効果は明らかにあると思う。
白い霧がモクモク吐き出される様は夏に涼を呼び、冬に潤を呼ぶ。
要はキモチの問題だ。(笑)

2010年8月 4日 (水)

お引っ越し?

先日来多忙極まりないことはお話しした。

それは言ってみれば引っ越しみたいなものだ。

壊さぬよう、忘れ物の無いよう、慎重に作業を進めている。

まあ、それが具体的に何を意味しているかは追々ご紹介するつもりだ。

何時かね、何時かきっと...

Photo

2010年8月 3日 (火)

慣れというもの

行きつけの床屋が店を畳むことになった。
店主が年齢的に仕事を続けることが困難になったのだ。

頑固なオヤジだった。

通い始めの頃は行く度に髪型を訊かれる。
モノグサなぱっぱちゃんは「いつも通り」で済ませたいのに、事細かに説明しなきゃならない。

面倒でも通うだけの腕があった。

どんな床屋でも切った直後は何とかなるものだ。
しかし、次の散髪までイイ感じが持続する店は少ない。
私だけでなく、相方の評判も良かった。

通い始めて1年位経って、「いつも通り」が通用する様になった。(笑)

定期的に訪れる散髪という儀式を、全く意識せずに安心して任せられる場所になった。
何も考えずに椅子に座れば、こざっぱりした男前になってるという寸法だ。(笑)

**********
新しい床屋を捜さなくてはならなくなった。
ただ単に床屋を探すだけならネットなり人なりに訊けばいい。

しかし自分の納得できる店を見つけるのは容易いことではない。

取っ替え引っ替え試す訳にもいかず、安易に妥協する訳にもいかず...
**********

慣れとは恐ろしい。
現状に安住としている時はその有難味に気付かない。

床屋に限らず慣れ親しんでることが多いなぁ...
日常を反省するぱっぱちゃんであった。(笑)

Photo

2010年8月 2日 (月)

ダサさの先にあるもの

「チョコレイト・ディスコ/Perfume」

先日図書館でPerfumeのCDを借りてきたことはお話しした。
そのアルバムの中の一曲である。

しかし、今日の話はそんな事じゃない。

YouTubeで配信されていた、ある動画に端を発する。

昔のミュージック番組と思われる映像を上手く編集してPerfumeのチョコレイト・ディスコのPVにしちゃったのだ。
コレがシビれる程マッチしてて、強烈なインパクトがある。

きっと当時としては最先端の踊りであったのだろう。
出演者の真剣で誇らしげな表情がそれを物語っている。

現代の目で見ればダッサダサな踊りなのだが、突き抜ければそれは既にカッコいいのだ。(笑)

もうこの曲を聴くとこの映像が浮かんで来てしまってどうしようもない。

Photo_4

2010年8月 1日 (日)

さらばA-2

R0019630

「GBsport THE CLINTON A-2 USA製」

残念ながらフライトジャケットA-2との別れの時が来た。
長いようで短かったコイツとの付き合いも終わりだ。
最後の時を惜しむ様にラナパーを丁寧に塗り込む。

結局A-2の似合う体型にはなれなかった。

3年以上筋トレを続けて、それは偏にコイツの似合う体型作りだったのだが、やっぱり衣紋掛けの様な肩幅は夢に終わった。

別れが遅くなったのは、先ず第一にモノグサだからなのだが、暑い季節になってもまだ着られるんじゃないかという未練もあったのだ。

オイルを吸って柔らかくしっとりとした手触りが名残惜しい。

来シーズンまで暫しの別れだ。(笑)
それまでにはA-2の似合う体型になるぞ!っと心に誓うぱっぱちゃんであった。

A2

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31