フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

貧乏性なぱっぱちゃん〜エントランス編〜

ウォーターフロントのホテルに泊まる機会があった。

滅多に泊まれるものでもないし一世一代の晴舞台かもしれないし...
折角だからエントランスに愛車真珠鼠を乗り付けてベルボーイに荷物を持ってもらう事にした。

ホテルのおもてなしはチェックイン前から始まっているんだし、きっと料金に含まれているに違いない。(笑)

威風堂々軽自動車が登場し、中からカエルが出て来たらベルボーイはどう思うのだろう?

「水浴び、いや、ご宿泊ですか?」ってな感じかな。(笑)

ぱっぱちゃんは主義で軽自動車に乗っているので、どんなところでも全く引け目を感じない。
志の低い会社のデカイ車などより余程プロダクトとして価値があるとさえ思っている。

しかし相方の猛反対に遭い、仕方なく地下駐車場へ直行となった。

う〜ん、何か損した気分...相変わらず貧乏性なぱっぱちゃんであった...

2011年2月27日 (日)

ムシ野郎の濃度?

ウォーターフロントのホテルに泊まる機会を得た。

ホテルに到着して颯爽と地下駐車場へ愛車真珠鼠を滑らせた。

さぞや高級車ばかりが並んでいるのだろうと思いきや、何とブタ鼻の黄色いR2を発見した。

残念ながら周りに空きがなく、側に駐車する事は出来なかった。

確かに外車や国産高級車が多い事は間違いない。

お馴染みのBMWやベンツ、ジャガーにベントレー、アストンマーチンやポルシェ。

しかし、一番多いのは私が大好きなガイシャ「アルファロメオ」だった。

私は独特なフロントマスクに敬意を表して「ムシ野郎」と呼んでいる。(笑)

理由は分らないがココはムシ野郎の濃度が濃い。

結局一台のムシ野郎の隣に停めてロビーへと向かった。

2011年2月26日 (土)

貧乏性なぱっぱちゃん〜ネット有料編〜

R0021139_2

ウォーターフロントのホテルに泊まる機会を得た。
チェックインして先ず行うのはネットの確保だ。
LANケーブルを繋いでSafariを立ち上げるも、データが来ない。

??

サービスデスクへ電話をして問い合わせる。
「一泊2,100円を頂戴しています。いかがしますか?」

. . .

ネットのない世界なんてあり得ない。
折角MacBook Airを持って来たのに。
でも、2,100円もあり得ない。(笑)

結局ネットは諦め、iPhoneで急を凌いだ。
2,100円あればスタバのラテが何杯飲める事か。

やっぱり貧乏性なぱっぱちゃんであった...

2011年2月25日 (金)

ぱっぱちゃんレインボーブリッジを臨む〜プロローグ

R0021155

ウォーターフロントのホテルに泊まる機会を得た

窓の外には海を挟んで都心の遠景が広がっている

バルコニーへ出てレインボーブリッジを臨み、その凛々しくも緻密な佇まいに暫し見とれる

高度経済成長を経て今に至る日本の誇りが宿っているかの様だ

この時代に生きる者として、自分の成すべき事は何なのか?

柄にもなく真面目に考えるぱっぱちゃんであった...つづく...

2011年2月24日 (木)

マイ・ウォッチ♥

R0021186

CITIZEN ATTESA Eco-Drive 電波時計 ATD53-2974

ぱっぱちゃん愛用の腕時計である。
機能・性能・デザイン共に非常に満足している。

でも、一番のお気に入りポイントは別にあったりする。

フライトジャケットA-2の袖からのぞいた時に何か似合ってる気がするのだ。

いや、本当に似合っているかどうかではなく、ぱっぱちゃんがそう思えればいいのだ。

コレでいいのだ、ウンウン。

2011年2月23日 (水)

言いたい事は凄〜く分る!

柄にもなくホテルのメインバーへ行った。

カウンターでは西洋の外国人と思しき男女が楽しげに会話している。
お互い少し離れて座っているので、どうやら知らない者同士なのだろう。

バーという大人の社交場がそうさせるのだろうか。
いやそれ以前に外人は社交的なのである。

国は違えど英語という共通語がある、そう英語である。

残念ながら英語がさっぱりなぱっぱちゃんには何を話しているのかは全く解らない。
ただ、楽しそうに会話が弾んでいるように見える。

カウンターの奥には日本人のバーテンダーが立っている。
ホテルのバーなんだし、さぞや英語が堪能なのだと思っていた。

ところが、どうも事実は違っている様なのだ。
時々客から話を振られてもただ苦笑いをするばかりで、英語を解していない様子だ。

こうなると矢鱈親近感が湧きつつも、こっちまでハラハラして来る。(笑)

どうやら男女の会話も終局を迎えたらしく、お互いの歳を訊き合っている。
31歳と38歳。
流石にそれくらいはぱっぱちゃんでも解る。

その時、カウンターの奥でずっと口を噤んでいたバーテンダーが男女二人を交互に指差しながら呟いた。

「セブンイヤーズ...」

気持ち的には「お歳が7つ離れているんですね!」なのだろう。
いつの間にかその光景を見入っていたぱっぱちゃんには痛い程わかるのであった。

嗚呼、英会話の勉強を本気で始めようかな...

何時かね、何時かきっと...

2011年2月22日 (火)

貧乏性なぱっぱちゃん〜首都高編〜

都内某所へ向かう時だった。
近くなので下道を使うつもりだった。

しかし何時もの癖でついつい首都高に乗ってしまった。

あちゃ〜、ほんの2区間なのに...
何か損した気分なので、環状線を1周してから行くことにした。(笑)

環状線へ折れる寸前のところで、首都高周遊は中止になった。
渋滞を示す電光掲示板が真っ赤だ。

結局二区間のみの首都高利用となってしまった。

う〜ん、やっぱり何か損した気分だ。

2011年2月21日 (月)

ボルボっちなアイツ

前を走る車が赤いボルボだった。

ボルボのイメージって、大きくてゴツくて安全、かな。
どちらかと言えば上級者が選ぶ車種の様な気がする。

でも前のボルボは初心者マークだった。(笑)

本線への合流もぎこちなく、後ろに付いたぱっぱちゃんもハラハラドキドキである。

トドメに路肩の駐車車両をパス出来ずに止まってしまった。(笑)
まだ車幅感覚も身に付いていないのだろう。
案の定右ハンドルだったりする。

そんなボルボを横目に先行した愛車真珠鼠の前に、又してもボルボが割り込んでくる。
右へ分かれる首都高入り口に入りたかったのだろう。

可成り急で無理矢理である。
ぱっぱちゃんが舌打ちしようとしたその時、赤いボルボがサンキューハザードを出した。

あれれ、余裕ないのにそんなとこだけ律儀なのね...やるなボルボっち!

2011年2月20日 (日)

怒り爆発!!

詐欺集団は解散総選挙で国民の信を問え!

ウソにウソを塗り重ねた予算を通すのが国民の為だ?


政界から全員消えろ、クソ野郎!

2011年2月19日 (土)

Amazon恐るべし

Amazonで売っている、あるモノが欲しい。
それは身につけるものだったりする。

ネットショッピングの常で試着せずに買うのは実にリスキーだ。

どうしたものか、自分の思うところをAmazonへメールしてみた。
適当な宛先が無かったので、Amazonジャパンの社長さんへ送ってみた。

33分後に担当部署から返事が来た。(笑)

それは非常に前向きな代案の提示だった。
しかも私の提言も今後検討するとの儀礼的な返答も添えられていた。(笑)

私はその対応に非常に満足している。
内容的にも速度的にも、だ。

3連休の最終・日曜日の出来事である。

買うのか?買ってしまうのか?ぱっぱちゃん!

...それは謎...

2011年2月18日 (金)

ホゲェ〜!

シーシェパードによる日本の調査捕鯨妨害行為。
更にそれを容認するオーストラリア政府の態度。

何だかなぁ...ってな気分になるね。

ほ乳類という高等生物の殺戮に反対ならば、先ずアンタらが大量殺戮して輸出までしている牛さんの悲劇にも目を向けるべきではないか?(笑)

まさか鯨類には知能があって牛類にはそれが無いという科学的証拠でもあるのだろうか?

テロ紛いの行為で自分の価値観を押し付ける野蛮人につき合う必要は無い。
表立って不買運動やデモ等をするのは我々日本人の美徳に反する。

食卓に上がる肉の回数を減らそう。
スーパーで買い物カゴにオージービーフを入れる時は催涙弾を投げ込む彼等の姿を思い出そう。

一方でチリ政府も監視船を出したりと何やらキナ臭い。
まあ、その時はチリサーモンを食べる回数も減らそう。(笑)

そのうち一億総ベジタリアンになったりして...

2011年2月17日 (木)

ぱっぱちゃんの空しい野望は続く...

ロゼッタストーン 英語 (アメリカ) レベル1、2、3、4&5セット(オーディオ・コンパニオン付属)

新手の語学学習ソフトである。
全く他人事で申し訳ないが、凄いらしい。

ぱっぱちゃんは自信をもって英語は苦手だと断言出来る。(笑)
人のせいにするのも何だが、私が学生の頃の英語教育では千年かかっても英会話は不可能だろう。

曖昧な記憶しか無いのだが、恐らく小林克也氏だったと思う。
語学上達の秘訣は日本語を介さない事だと言っていた。
要は「egg」と聞いて「タマゴ」という日本語を介する事無くビジュアルな卵を直接結びつけろと。

なる程理にかなっているではないか。
そしてこのソフトが正にその原理を使っているらしい。
何かこれなら英語が出来そうな気になって来た。(笑)

英語喋れたら世界が広がるだろうなぁ...
主語・述語の語順である英語はシンプルな思考になれるらしい。

頭の中がごっちゃごちゃなぱっぱちゃんも少しは頭が良くなるかな?

2011年2月16日 (水)

この阿呆に...

ネットという公の場で

自分より遥か目上の人に向かって

阿呆呼ばわりは不適切であると重々承知しているつもりである

しかし、それでも敢えて言わずにはいられない

鳩山前首相が沖縄問題で海兵隊抑止力を根拠に沖縄へ理解を求めたのは「方便だった」とほざいた

この阿呆が今も国政に携わっていると思うだけで腹立たしく、絶望感すら覚える

もう一刻も早く解散総選挙を行ってクソを洗い流して欲しいものだ。プンプン。

2011年2月15日 (火)

駐車場にて

3連休は時々雪がちらついた。
レストランの屋外駐車場で停めてある周りの車が皆ワイパーを立てていた。
雪の重みでワイパー機構を傷めない為の良策である。
関東の地元ナンバーなのに皆さん良くご存知で。

車に乗る事、所有する事が当たり前になって、殊更の思い入れが無くなったと言われて久しい。

どっこい皆車への愛情バリバリではないか。

そんなことを思いながら愛車真珠鼠もワイパーを立ててあげるぱっぱちゃんであった。

2011年2月14日 (月)

トォ・キィ・オォ!

Technopolis/Yellow Magic Orchestra

iTunesを覗いたらトップ画面に見覚えのあるジャケ写を発見した。
「赤い人民服」を纏った3人組。
YMO2枚目のアルバム、ソリッド・ステイト・サヴァイヴァーだ。

いよいよiTunesにYMOが登場した。
世界に通用したほぼ唯一の日本人バンドと評された彼等。
実際私が初めて耳にした深夜放送のOAでは以下の様に紹介されていた。

「海外で活躍している日本人バンドです」と。

何て言ったらいいのだろう?
陳腐な言葉になっちゃうけれど、やっぱり「サイバー」で「ソリッド」なのだ。(笑)

日本がエレクトロニクス分野の先頭を疾走できたのも
技術革新の波に飲まれる事無くテクノロジーの恩恵を享受できたのも
Perfumeに抵抗が無く、ノスタルジーすら感じられるのも

きっとYMOのお陰に違いない。(笑)

Technopolisのイントロの「TOKYO」というフレーズは今でも未来から聞こえてくる。

2011年2月13日 (日)

悪天候バージョン?

R0021036

ぱっぱちゃんがフライトジャケットA-2にご執心なことは幾度となくご紹介した。
プライベートでの上着はホントにコレしか着ない。
大事なA-2だけど、やっぱり着てナンボなのである。

だがしかし出掛ける時が何時も晴天とは限らない。
3連休の初日から関東地方も雪である。

革は他人が言う程には水に弱くはないし、アフターケアさえヘマらなければダメージは無い。

それでもミスミス濡らしてしまうのは心許ない。
だから濡れても構わないA-2を決めている。
二十ウン年前のもう袖口のリブが伸びてしまった古いヤツをそれに充てている。

R0021040

コレならパスタのソースがはねても落ち込まないで済む。(笑)

一応本日のいでたちは...

Orchard M/C inc. Type A-2
501はビンテージではなくごくフツーのもの
ユニクロの黒ハイネックシャツ
JOURNAL STANDARDのリバーシブルベスト
Wolverineのモカシン

2011年2月12日 (土)

ぱっぱパラダイス発見!の巻

愛車真珠鼠で移動中の事だった...

相方 「何あれっ?!」
ぱっぱ「えええ!!何だあれっ?!」

道沿いにトンデモナイ看板を発見したのだ。

R0021034

相方&ぱっぱ「パッパパスタ?!」

もう二人して狂喜乱舞である。(笑)
いよいよぱっぱちゃんも外食産業へ進出か?ってそんなワケは、ない。
第一キャラクターがカエルじゃ、ない。

直ぐにiPhoneでググってイタリアンレストランのチェーン店だと知る。
そりゃあ入って食べない訳にはいかないでしょう!

R0021037
R0021043

メニューや皿にパッパパスタの文字が踊るオドル。(笑)

ぱっぱちゃんが食べに来た事を知ってか知らずか、店員さんの接客がとてもいい。
店内の雰囲気もバッチリで期待が高まる。

小手調べにピザとパスタを頼んでみた...

石釜焼きを誇るピザはごくフツーで肩透かしを食らったが、パスタがジャストアルデンテでGood!

調子に乗ってデザートワゴンサービスも頼んでみた...

100〜150円と廉価で価格相応かな。唯一自家製のパンナコッタ風ケーキはウマウマ!

総じてまた来たくなる店だった。
イタリアンである以上アルデンテは必須条件だ。
これでフリースポットのWi-Fiでも来ていれば、無敵のブログ用書斎なのだが...

最後にトイレに入ると、何故かパッパパスタ君に謝られてしまった。

R0021047

相方に訊くと女子トイレでは「Odokashite Gomenne(脅かしてゴメンね)」と書いてあるらしい。

何とも奥ゆかしいパッパパスタ君であった。(笑)

パッパパスタでアルデンテなパスタを頬張るカエルが居たら、それはぱっぱちゃんである。
まあ、カエルがイタ飯屋に居る時点でぱっぱちゃんだが...

2011年2月11日 (金)

バンブーマジック

R0020940

都内某レストランのオープンテラス席。
竹って何故か休まるよねぇ...ウンウン。

2011年2月10日 (木)

ロールケーキ・シンドローム??

R0020937

ぱっぱちゃんは大の甘党である。
和洋問わず何でも来いである。
年齢相応にいい加減生活習慣病を心配しなきゃならない程に喰う喰う。(笑)

だがしかし、ロールケーキだけは苦手だ。
それはある出来事が原因だったりする...

小学生の頃、偶々給食が休みの日があった。
その日は各自弁当を持参して昼食だ。

クラスの人気者で本屋の息子T君が何時になく遠慮がちに部屋の隅で食べている。
見るとロールケーキを1本、ナイフで切り出しながら頬張っている。

それが彼のお弁当だった...

子供ながらに居たたまれない気持ちになった。
彼への同情心、哀れみ、或は弁当にはしゃいでいた自分への自責の念。

そして何より、日頃クラスの中心で明朗闊達なT君が見せた寂しそうな姿がトラウマになった。(笑)

味的に嫌いな訳じゃないし、喰って喰えないことはない。
でも、その甘さ以上に塩辛い想い出が想起するのが苦手だ。

人生いろいろなことがあるねぇ...ウンウン。

2011年2月 9日 (水)

一日株主?

R0020904

写真はかなり前の株主総会で貰ったスバル・ストラップである。
因に現在は株主ではない。
スバルが軽自動車開発からの撤退を決定した時に全て手仕舞ってしまった。
まさか連日高値を更新する優良株になるとは皮肉なものだ。(笑)

先日テレ東のカンブリア宮殿のスバル・アイサイトの回を観たことはお話しした。

何か自分の事のように嬉しくて、ご祝儀的に富士重株を買ってみた。
暫くはホールドするつもりでいたのだが...
半ば洒落で「1日でここまでは戻さないだろう」という指値で売りを入れていたら、まんまと売れてしまった。(笑)

勢いのある会社はやっぱり凄いね。
好業績が余程好感されているのだろう。

残念ながらぱっぱちゃんは一日株主で終わっちゃった。トホホ...

2011年2月 8日 (火)

小銭入登場

R0020901
R0020900

「LEVI'S×POTERコラボ小銭入」

先日ご紹介した66501-0008のオマケで貰った小銭入れである。

出番が思いの外早く回って来た。
愛用の小銭入の開け口の金具を無くして、お払い箱になってしまったのだ。

只のオマケと侮っていたらコレが結構イイ。
全体の質感、使い易さ、どれもハイレベルだったりする。

表材のデニムは丁度リジットの糊付状態になっていて適度な張りと強度があって、使い込んだときの変化が今から楽しみである。

いい味が出て来たらココでまた紹介したいものだ。

何時かね、何時かきっと...

2011年2月 7日 (月)

501植林計画のその後2

R0020871

「LEVI'S・501XX・1966年ヴィンテージモデル 66501-0008」

恐らくコイツが501植林計画の最後の投入となる筈だ。
当初目論んだ程にはデニムは育たず、時間がかかる事が判明した。
これ以上投入してもぱっぱちゃん自身が収穫に立ち会えない。(笑)

即ちこの糊落としの為の「ファーストウォッシュ」は最後の儀式となる。

冒頭の写真はそのBefore & Afterだ。

リジットはこれだけ縮む。
W34/L36がW32/L33位になる。
勿論裾幅も縮んで細くなる。

驚くべきは先に投入した66501-0117モデルと縮み方が寸分違わぬ事。
生産年次も生産国も違うのにコレは凄い。
ビンテージモデルが如何に史実に忠実な再現をしているかを証明している。
恐らく縫製、マテリアル全てが当時のモノホンのまんまなのだろう。

ここら辺がメーカーの哲学や思い入れを推し量る格好の材料となる。
カッコだけ似せた俄仕立てじゃなく、真のヴィンテージを創る気位、或は自社のプロダクトへの誇りとでも言おうか。

で、ファーストウォッシュを完了したコイツは何時実戦配備されるのか?

今穿いてる66501-0117はあと半年は穿き続ける予定だから、半年後かな。

いやはや何とも気の長い植林計画となってしまった。(笑)

2011年2月 6日 (日)

iSight?

「「ぶつからないクルマ」の技術革新で不況を打ち破れ!/カンブリア宮殿/テレビ東京」

いや〜、久々にいい番組観せて貰った。
テレ東判ってるじゃん、ってな感じだ。

スバルの富士重工である。

スバルの紹介で「業界最下位」っていうトコロが引っ掛かったが、十分にスバルのいいトコも引き出していた気がする。

真面目な車創りがやっと世間一般にも評価される時代が来たという事か。

何だか無性にレガシィが欲しくなってきたぞ。(笑)

現行インプレッサに搭載してくれないかなぁ...

方やiSightと言えばAppleである。
古くは外付け、後に内蔵となったカメラの総称である。
いや別に他意は無い。

アイサイト繋がりということで...

2011年2月 5日 (土)

ぱっぱちゃん復調の兆し

3週間程前に風邪をひいた。
直ぐに病院で薬を貰い、寝込む事も無く快方に向かう...筈だった。

しかしどういう訳かスッキリとは完治せず、寧ろズルズルと体調が崩れ始めた。
体力が低下した時にありがちな、歯だの肩こりだの腰痛だの身体にガタも出て来た。

風邪の諸症状はとっくに治まってるし、「体力が低下しました」って病院行く訳にもいかないし。
こうなるともう体力が回復するのをじっと待つしかない。

今朝は久しぶりに目覚めがいい。
やっと復調に転じた感がある。

一般に完全回復するには体調を崩した日数の3倍を要すると言われている。
暫くは無理せず養生して体力温存しよっと。

嗚呼、歳はとりたくないねぇ...ウンウン。

2011年2月 4日 (金)

何か用カリー?

Img_0115

「インドカリー/中村屋新宿本店2Fルパ」

カリーである。
決してカレーではない。
由緒正しき中村屋のインドカリーである。
余り辛くないけど大人の味だったりする。

で、何が言いたいかって?
いや、タイトルの駄洒落が言いたかっただけ。(笑)

2011年2月 3日 (木)

エジプト混乱

大変な事になって来たねぇ...ウンウン。

2011年2月 2日 (水)

いやはや...

GoogleはMicrosoftの検索エンジン「Bing」が自社の検索結果を盗用していると主張した。
検証のためにあり得ない検索結果を囮として仕掛けたところ、まんまとBingにも反映されたという。

いやはや、もう笑っちゃうしかないよね。

ITの歴史に明るい人ならば、MSの歴史が模倣と盗用の歴史である事は承知の事実である。
あれだけデカい会社なのに誰からも尊敬されないのはその為だ。

シェアが高いというだけで安直に製品を選択する事が如何に愚かな事かお解り頂けるだろうか。
猿真似しか出来ない会社へ投資しても決してイノベーションは生まれないのだ。

世は21世紀である。
知の大海であるインターネットを手に入れた我々には事の真相を知る術がある。
2番煎じが得をする20世紀型ビジネスは何時か終焉を迎える筈だ。

2011年2月 1日 (火)

あゝ聞き間違い

コンビニでの一コマ。

ぱっぱ「袋入れなくてイイです。」
店員「はい、パーラメントライトですね?」
ぱっぱ「え?袋入れなくてイイって言ったんだけど...」
店員「すいません、全然違いますね...(苦笑)」

ぱ&店「.....」

ぱっぱちゃんってそんなに滑舌が悪いの?!

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31