フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« やっぱり風邪 | トップページ | 冬場の杞憂 »

2011年8月23日 (火)

どうでもいい話

たまたま津軽三味線の演奏を聴く機会があった。
新進気鋭の若者の素晴らしい演奏だった。

ただ、ど〜しても気になる点があった。

一曲弾く度に調律するのは如何なものか。

勿論、津軽三味線の構造上必要なのは解る。
温度や湿度の影響をモロに受ける繊細な楽器なのは百も承知だ。

じゃあ、音程を維持するための改良を何故しなかったのか?(笑)
その方が奏者も演奏に集中できるのではないか?
伝統を重んじる余りストイックになり過ぎてやいないか?

あの場でこんなことを考えてるのは間違いなくぱっぱちゃんだけだろう...(笑)

« やっぱり風邪 | トップページ | 冬場の杞憂 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230947/41331516

この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいい話:

« やっぱり風邪 | トップページ | 冬場の杞憂 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31