フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

秋葉原散策3

R0023094

アキバドッグだって?
初めて見た。

彼の得意そうな顔は一体ナニ?(笑)

2012年5月30日 (水)

秋葉原散策2

R0023095

秋葉原のメインストリートをパチリッ。

GR-Digitalの広角が活きる。

2012年5月29日 (火)

秋葉原散策

R0023108

ヨドバシカメラといえば新宿西口と相場は決まっている。
しかし最近では丸福珈琲の入っているAkiba店も見逃せない。

R0023106

暫く秋葉原散策シリーズを続けるつもりだ。

実はこのシリーズにはとても深い意味が隠されている。

2012年5月28日 (月)

アキバと言えば...

R0023085

「丸福珈琲ヨドバシAkiba店」

秋葉原...昔は電脳の街...今はオタクの街

しかし我々バカ夫婦にとっては丸福珈琲の街である。(笑)
本当にココの珈琲を飲むために秋葉原へ行くこともある。

折角なのでカレーライスとハヤシライスを頼んでみた。

これがまた基本に忠実で美味い。

ま、居心地いい雰囲気の中じゃ何食べても美味しいけど。(笑)

R0023080

2012年5月27日 (日)

ぱっぱちゃんジャボチカバの聖地へ?エピローグ編

R0023071

楽しかった西川農園への訪問も無事終わり帰路についた。

帰りは折角なので新東名を通ってみた。
ナビが未対応のため空中遊泳状態だ。(笑)

途中SAで食事をした。

Img_0267

名物:富士山オムライスだ。
ぱっぱちゃんは卵料理が余り好きではない事を頼んでから思い出した。(笑)

Img_0266_2

どこまでも商売上手な富士山メロン。(笑)

兎に角楽しい1日だった。
実はまだブログネタはあるのだが、ここら辺で...

2012年5月26日 (土)

ぱっぱちゃんジャボチカバの聖地へ?番外編

R0023057

大満足の西川農園への旅だった。

実は農園に入って先ず驚いたのが、我が家の果樹園の構成に良く似ている事。

何とジャボチカバの奥にはマンゴー園まであったのだ。
我が家のマンゴっちのお仲間さんだ。(笑)

更に一鉢だけ青森から里子に来たという三尺バナナまであった。
言うまでもなく我が家のジャックのお仲間さんだ。(笑)

機会があれば是非再訪したいものだ。

何時かね、何時かきっと...

2012年5月25日 (金)

ぱっぱちゃんジャボチカバの聖地へ?8

R0023075

「ジャボチカバ園/西川農園」

とても楽しい旅だった。
R2での快適ドライブ。
ジャボチカバ園のジャボ達との対面。
各種スイーツを堪能。

しかし、本当の目的はコレである。
ジャボチカバの実だ。

しかも、食べ頃の実ではなく落果した実の中の種だ。

向かって右が大葉系、左が小葉系だ。

R0023077

丹念に果肉を取り除き、お目当ての種が入手出来た。

今回、大葉系と小葉系は見た目以上に違いがある事に気付いた。

大葉系の実は本当に幹に直接成り、種子は1個だけ入っている。
小葉系の実は幹から細い茎を介して成り、種子は2個入っている。

早速苗床に植え付けてみた。
発芽は約1ヶ月後のお楽しみだ。

2012年5月24日 (木)

ぱっぱちゃんジャボチカバの聖地へ?7

R0023065

「ジャボチカバ園/西川農園」

最大のお楽しみはジャボチカバ狩りである。

梨狩りやサクランボ狩りとは訳が違う。

幹に直接モコモコと実が成っているのである。

その摘みたての実を味わえるのだ。

しかし、ぱっぱちゃんは種の採取が目的だ。
幹に成る実には目もくれず、熟して落果したものを選んだ。(笑)

R0023066

ジャボチカバ狩りに興じるぱっぱちゃんの図。

2012年5月23日 (水)

ぱっぱちゃんジャボチカバの聖地へ?6

R0023045

ジャボチカバの魅力...それは実のなり方に他ならない。

幹に直接花が咲き、幹に直接実が成る「幹生果」なのだ。

日本では無花果が幹生果の仲間だが、枝の付け根に結実する様はさして珍しくもない。

R0023048

翻ってジャボチカバの幹生果は異様だ。
もうグロテスクな程に異様だ。(笑)

幹に巨大なダニかカイガラムシが大量にこびり付いた様な状態だ。

R0023058

親戚の家で初めてジャボチカバを見た時、そのインパクトに圧倒された。

直ぐに種を貰って帰り、蒔いたのが我が家のジャボじぃなのだ。

気持ち的には巨大な芋虫やムカデを飼う感覚に近い。(笑)
キモカワイイ果樹、それがジャボチカバである。

2012年5月22日 (火)

ぱっぱちゃんジャボチカバの聖地へ?5

R0023042

「ジャボチカバ園/西川農園」

このネタもプロローグから数えて6日目に突入した。(笑)
いよいよ本格的にジャボチカバの登場である。

上の写真は入り口から見たジャボチカバ園の全容である。

向かって左には葉が大きく四季なりの大葉系が並んでいる。
向かって右には葉が小さく樹形が綺麗なジャボラー垂涎の小葉系が並んでいる。

R0023049

園内では苗木の販売も行われている。
ジャボチカバは成長が矢鱈に遅い。
気の短い人はコイツを買って帰るのが吉である。

左から三列が大葉系、四列目に小葉系が置いてある。
苗木の段階でもコレだけの違いがある。

R0023054

大興奮で大行進のぱっぱちゃんの図。(笑)

もうね...ぱっぱちゃんの夢がそのまま具現化したカンジ?

ココまでお付き合い頂いた方は何故にぱっぱちゃんがジャボチカバにご執心なのか疑問に思うかも知れない。

いよいよ次回のブログでジャボチカバの何が凄いかをご紹介しよう。

つづく...

2012年5月21日 (月)

ぱっぱちゃんジャボチカバの聖地へ?4

R0023068

「Cafe Jaboticaba/西川農園」

新メニューのジャボチカバティー
ジャボチカバソーダ
バナナのシフォンケーキ、ジャボチカバソース添え

長旅の疲れを癒すジャボ三昧である。(笑)

ジャボチカバの実をふんだんに使った逸品を味わいながら
我が家のジャボじぃにも早く実が成る事を夢見るぱっぱちゃんであった。

2012年5月20日 (日)

ぱっぱちゃんジャボチカバの聖地へ?3

R0023062_2

「Cafe Jaboticaba/西川農園」

メニューボードにはジャボチカバを使ったメニューがこれでもかと並ぶ。(笑)

よくよく考えてみれば、ぱっぱちゃんはジャボチカバの実を2,3粒しか食べた事が無い。

見た目同様にブドウに良く似た味だった事を微かに憶えている程度だ。

そりゃあ食べてみるしかないでしょう...つづく。

2012年5月19日 (土)

ぱっぱちゃんジャボチカバの聖地へ?2

R0023040

「Cafe Jaboticaba/西川農園」

園内の入り口にはいきなりCafe Jaboticabaという茶店がある。

R0023060

園内で穫れたジャボチカバの実を使った飲み物やスイーツが食べられる。

R0023059

もう何て言うか農園主の本気度が伺える程にジャボチカバなのである。(笑)

2012年5月18日 (金)

ぱっぱちゃんジャボチカバの聖地へ?

R0023038

ドライブへ出掛けた。
ネットで前から気になっていたある場所へ行くためだ。

200km以上の往路は渋滞も無く快適そのもの。
久しぶりにR2の高速性能を堪能した。

R0023039

そしてお目当ての場所は「西川農園」だ。
何とジャボチカバの農園があり、ジャボチカバの実の摘み取り体験も出来るという。

そりゃあ行くしか無いでしょう。

これから暫くの間、ジャボチカバの旅にお付き合い頂きたい。

2012年5月17日 (木)

プロローグ

R0023019

「スターバックスコーヒー/富士川SA店」

ドライブへ出掛けた。
ある場所へ行くためだ。
途中の富士川SAでスタバを見つけた。

R0023026

そして相変わらず絶好調の愛車=SUBARU R2=真珠鼠である。

目的地はもう近い。

果たして何処へ行ったのか?
それは謎...(笑)

2012年5月16日 (水)

じっくぅ〜?どんどん成長編

R0023017

ボク、イチジクのじっくぅ〜だよ。

ボウボウ葉っぱが生えてきたよ。

R0023018

ボウボウだよ。

2012年5月15日 (火)

謎の人形の正体?

Img_0264

どうやら彼等はタイの身代わり人形らしい。

2012年5月14日 (月)

謎の人形?

Img_0264

タイ料理の店へ行ったら会計の時にコレをくれた。
一体コレは何?(笑)

2012年5月13日 (日)

原宿にて2

R0022998

「RED WING SHOP 原宿」

2012年5月12日 (土)

原宿にて

R0022997

「リーバイス原宿店」

2012年5月11日 (金)

表参道にて4

R0023001

「Dior表参道店」

2012年5月10日 (木)

表参道にて3

R0023000

表参道ですが何か?

2012年5月 9日 (水)

表参道にて2

R0022999

「東急プラザ 表参道原宿」

2012年5月 8日 (火)

表参道にて

R0022995

R0022996

「audi forum tokyo」

2012年5月 7日 (月)

ぱっぱちゃんまたしても貴族の仲間入り?

Img_0250

「じゃんぼ焼き鳥/鳥貴族」

どういう訳か我が家の大のお気に入り=鳥貴族である。
じゃんぼ焼き鳥である。

兎に角安くて美味い。
ココより高くて美味い店はゴマンとあるが、ココより安くて美味い店は知らない。

ついつい機嫌が良くなって、日頃は殆ど飲まない酒まで頼んでしまう。
写真は一番搾り生とバナナサワーである。
どちらも280円也

Img_0251
Img_0252

上の写真は名物「もも貴族」である。
本来2本付けなのに撮影前に1本食べてしまう程に美味い。
そして写真では分かり辛いがデカい。

下の写真は「せせり」である。
こっちはじゃんぼではないが、フツーの焼き鳥屋のそれよりは食い出がある。

Img_0254

「営業中」ではなく「うぬぼれ中」の看板はちょっとイタい。(笑)

しかし、満足度は非常に高い。
帰り際にはその会計の安さにもきっと驚く事だろう。

2012年5月 6日 (日)

お上りさん?

R0023006

「Ben&Jerry's表参道ヒルズ店」

今話題のアイスクリームショップ、ベンアンドジェリーズへ行って来た。

待ち時間60分の行列に並び、途中で配られるメニューにて味を選ぶ。

R0023003

この中から馬鹿夫婦が選んだフレーバーは以下の通り。

Chunky Monkey®
Coffee Coffee BuzzBuzzBuzz®
Strawberry Cheesecake
Chocolate Fudge Brownie™

Img_0246

美味い、フツーに美味い。
でも、考えてみれば不味いアイスクリームなんて無い。(笑)

何て言うか、クリスピークリームドーナツのオリジナルグレイズドで体験した「衝撃の美味さ」が無い。

折角なので月並みにレポートするとすれば...

甘さ控えめ、濃厚というより空気を含んだソフトクリームとアイスクリームの中間みたい。

美味いか?美味いに決まってる。

行列に並ぶ価値があるか?う〜ん、ビミョー。(笑)

2012年5月 5日 (土)

久しぶりの丸福珈琲

Img_0245

GW期間中ヨドバシカメラ・マルチメディアAkibaへ行った。

世界広しと言えど、珈琲を飲みに電脳の街・秋葉原へ出向くのは我々馬鹿夫婦くらいだろう。(笑)

お目当ては4Fにある丸福珈琲だ。

今日はチーズケーキとのセットで頼んでみた。

ベイクドじゃないレアチーズケーキが矢鱈に旨い。

そして...相変わらずのブレンド珈琲である。

旨過ぎる。

本当のホントにコレだけ食してヨドバシを後にした。

う〜ん、なんて贅沢な一時。

2012年5月 4日 (金)

秋葉原散策7

R0023104

そろそろこの企画の種明かしをしよう。
実はこの秋葉原散策の写真は愛機GR-Digitalでの最後の撮影となった。

同じ日に次期デジタルカメラを買ってしまったのだ!

R0023105

拘り王ぱっぱちゃんが買った新しいデジカメは果たしてなにか?

それは謎...

じっくぅ〜?奇跡の復活編

R0022984

ボク、イチジクのじっくぅ〜だよ。

遂にココまで頑張ったよ。

エへへへへ。

2012年5月 3日 (木)

雨のGW

生憎の雨が続くGW後半。

スカッと晴れてくれればいいものを...

こんな日は店まで屋根続きの駐車場のあるショッピングモールへ車で出掛けるに限る。

カエルなのに雨嫌いのぱっぱちゃんであった...

2012年5月 2日 (水)

正論

ミュージシャンの小室哲哉氏が自身のTwitterでRTを呼びかけている。
曰く「日本だけSONYブランドの曲がiTMSに置いてないのは変じゃないですか?2012年、もう売ってくれても良いじゃないかなあ」
私はこの意見に全面賛成します。

2012年5月 1日 (火)

驚きの事実を発見!

R0022961

三尺バナナのジャックを植え替えた事は既にお話しした

Amazonから購入した果樹専用植木鉢はとても満足のいく製品だった。

植え替え時に便利な底の簀子が取り外せる「スポット機能」
水はけ・空気の流通が良く根のサークリング防止に効果的な「スリット」
たかが植木鉢なれど、機能性に富んだプロダクトだった。

しかし驚きはそんな事じゃない。

R0022964

果樹鉢365型/アップルウェアー株式会社

この植木鉢のメーカーが何とアップルウェアー株式会社といい、Appleブランドを冠しているのだ。

これには些か驚いてしまった。

ウチの果樹園の植木鉢を全部コレにリプレースしちゃおうか本気で考えるぱっぱちゃんであった。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31