フォト
無料ブログはココログ

Google Analytics

« さらばA-2 | トップページ | ブル子独白 »

2013年6月28日 (金)

フライトジャケットA-2の手入れ

R0013695_2

右「AVIREX Type A-2 style no.2191000 size40」
左「GBsport THE CLINTON A-2 USA製 sizeM」

フライトジャケットA-2はレザージャケットである。
ちゃんと手入れをすれば長期に渡りいい状態を維持出来る。

今日はA-2好きで皮革製品好きなぱっぱちゃんのお手入れ方法をご紹介しよう。

先ず用意するのは...コレだけである。

R0010846

ラナパー レザートリートメント

兎に角塗るのが簡単なのに限る。
先に言っておくが、絶対に塗りすぎない事。

コツその①
パターン毎に塗って行く。

R0013689

図は便宜的に番号を振っただけで別に順番に深い意味は無い。
こうやってパターン毎に塗れば塗り忘れを防げる。
そしてもう一つ利点がある。

R0013682
R0013683

皮革製品はパターンの繫ぎ目等の出っ張ったところが痛みやすい。
パターン毎に塗れば繫ぎ目は2度塗る事になって一石二鳥なのだ。

コツその②
ニット部や布地にオイルが付かないようにする。
当たり前だがシミや痛みの原因になる。

コツその③
しわやプリーツの部分は伸ばしながら念入りに。

R0013687

しわにはオイルが届きにくく痛みがちである。
ニットの近くなので慎重に。

コツその④
ついでに金属部分のオイルさし。

R0013688

ホックやファスナーは一緒に塗っちゃえば錆び知らず。
ファスナーは基部の布地につかないように!

コツその⑤
背中はラストワンにスポンジのオイルを使い切るイメージで。

R0013690
R0013685

スポンジは意外にオイルを吸っているので、それだけで十分に塗り込める。

コツその⑥
襟、台襟、エポーレット(肩章)は塗らない。

R0013691

いずれも形崩れしやすい場所であり、ココが形崩れした瞬間にミリタリーは死ぬ。(笑)
背中で十分にオイルを使い切ったスポンジでホコリをとる程度にする。

コツその⑦
保管は全て閉めた状態で。
ボタンを留め、ファスナーを首まで上げて、ホックも掛ける。

R0010851
ウエットハンガー 肩守くん

コツその⑧
保管は肩守くんで。(笑)
肩周りの保全にはコレしか、無い。

以上、私也のフライトジャケットA-2お手入れ方法である。
文中に「塗る」という言葉を多用したが、塗るほど塗れば絶対に塗り過ぎだ。(笑)

くどいようだが塗り過ぎるくらいなら塗らない方がまだマシという事を忘れぬように。

« さらばA-2 | トップページ | ブル子独白 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/230947/52153733

この記事へのトラックバック一覧です: フライトジャケットA-2の手入れ:

« さらばA-2 | トップページ | ブル子独白 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31